ヨーロッパカクチデオオアタリ ケンゲキオウ ツツイトクジロウ

ヨーロッパ各地で大当たり 剣劇王 筒井徳二郎

田中徳一 著
ISBN 978-4-585-27057-7 Cコード 0074
刊行年月 2020年9月 判型・製本 四六判・並製 288 頁
キーワード 伝記,文化史,昭和,大正,明治,近現代

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

名だたる前衛演出家たちに絶賛され、世界の演劇界を震撼させた演出と演技と効果。
日本の伝統演劇の神髄をみた知識人たちの評価。
1930~31年、欧州60都市を巡回し、大好評を博した剣劇王の足跡をたどる。
当時の舞台写真・パンフレット・新聞記事など90点以上の写真も掲載!

*筒井徳二郎(つつい とくじろう、1881~1953)とは…
明治から大正、昭和と活動した、大阪府生まれの俳優。関西では腕利きの新派・剣劇役者、大正後期から剣劇団を率いた。進取の気に富み、翻訳劇もやれば、歌舞伎も新解釈で上演するなど、多芸多才、どんな芝居もこなした。1930年から翌年にかけての海外22ヵ国巡業で、成功を収める。

 

 

目次
プロローグ

筒井海外巡業経路図

第一章 筒井徳二郎の生涯
1 老舗材木商の息子が新派役者に
2 役者としての修業
3 新声劇の創立と剣劇時代
4 海外巡業と帰国後の活動

第二章 渡米への経緯
1 海外雄飛の志
2 招聘の経緯
3 出航までの準備
4 米国への旅立ち

第三章 海外二十余ヵ国巡業の軌跡
1 アメリカ巡業
2 ヨーロッパ巡業

第四章 ロサンゼルス―世界巡業へ第一歩
1 ドキュメント
2 邦人向け公演
3 米人向け公演―演目・梗概・配役
4 反響と評価

第五章 ニューヨーク―恐慌と梅蘭芳の狭間で
1 ドキュメント
2 反響と評価

第六章 パリ―世界の檜舞台で成功
1 ドキュメント
2 反響と評価
3 日本人の反応

第七章 ロンドン―国際演劇シーズンを制す
1 ドキュメントと背景
2 反響と評価
3 日本人の印象

第八章 ベルリン―妨害を越えて反響
1 ドキュメント
2 妨害と反論
3 反響と評価

第九章 西洋演劇人の反応
1 ジャック・コポーとシャルル・デュラン
2 エルヴィーン・ピスカートアとベルトルト・ブレヒト
3 フセヴォロド・メイエルホリドと歌舞伎

エピローグ―宝塚における評価

あとがき

附録 筒井徳二郎 略歴
附録 筒井徳二郎 巡業日程
プロフィール

田中徳一(たなか・とくいち)
1949年、和歌山県に生れる。日本大学大学院文学研究科博士課程で独文学を専攻。日本大学文理学部専任講師、助教授を経て、国際関係学部教授、大学院国際関係研究科教授、国際関係学部図書館長。現在は大学院国際関係研究科非常勤講師。専門は比較演劇(史)。博士(国際関係)。日本比較文学会、日本演劇学会、国際文化表現学会等の会員。
主な著訳書に『東西演劇の出合い』『演劇は異文化の架け橋』『日米演劇の出合い』『筒井徳二郎 知られざる剣劇役者の記録』『ドイツの歌舞伎とブレヒト劇』等がある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート