キョウノレキシブンガクヲアルク

京の歴史・文学を歩く

知恵の会 編/糸井通浩 代表
ISBN 978-4-585-05160-2 Cコード 0021
刊行年月 2008年8月 判型・製本 四六判・上製 300 頁
キーワード

定価:2,530円
(本体 2,300円) ポイント:69pt

 品切 
書籍の詳細

〈歴史〉〈文学〉というふたつの切り口から、知らなかった京都が見えてくる。

千年紀をむかえた源氏物語はもちろん、方丈記、徒然草、枕草子から松尾芭蕉、紫式部の墓から源平ゆかりの地まで。京都をより深く知り、広く楽しむための一冊。

※書評掲載
京都新聞(2008/11/12夕刊)に紹介されました。

 

 

目次
小野篁の説話
《あだしの》という風景
桓武天皇と秦氏
五条(現・松原)という空間
伏見の歴史と地名
太平記ゆかりの寺
源氏物語ゆかりの地 洛中篇
源氏物語 宇治十帖を歩く
平家物語の京を歩く
方丈記―日野の里
歌枕という創造性
清少納言の随筆世界と生活空間
王朝仮名日記の舞台案内
京の天神巡り―菅原道真ゆかりの地を歩く
大原野と小塩山−古地名の探求

コラム----------
京の散歩道 稲荷のお山/時代祭と足利尊氏/二つの「町」/鴨川東岸の柳と桜/源氏絵巻の成立まで/大文字の送り火/納豆は京生まれ?/小学校と文化財/何如璋と華頂山第一楼/キリシタンの足跡/明石の君と嵯峨・桂/先斗町界隈と新選組騒動/歌碑を巡る−晶子・寛の歌った祗園/源氏・ミュージアム巡り/芭蕉の句碑めぐり//平安時代の鴨川/宇治への道/仏教の足跡―空海・最澄・親鸞/北山杉と『古都』/『都名所図会』と京都/宮廷才女の墓/蘆山寺と紫式部/京都の正統派VS江戸の新鋭-江戸時代の『唐詩選』ブーム/稲荷と学問、そして筆禍/歌碑「ここはお国を何百里」と真下飛泉/隠元禅師と黄檗山萬福寺/京の名水・井戸紀行/地獄に堕ちた紫式部/月鉾の「源氏物語五四帖扇面図」/『源氏物語』と美術工芸品/俊寛の往生・非往生/紫式部と「扇」の恋/『源氏物語』と京都の地名/明石の君と大堰/源氏物語の一〇〇〇年/何如璋と京都御所

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート