ウジガワレキシサンポ

宇治川歴史散歩

齋藤幸雄 著
ISBN 978-4-585-05415-3 Cコード 0021
刊行年月 2009年4月 判型・製本 四六判・上製 312 頁
キーワード

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

『源氏物語』の〈静〉から『平家物語』の〈動〉まで、宇治川は歴史の舞台として、文学の題材として、多くのドラマを生み出してきた。
歌物語、姫物語、説話物語、戦物語の四つの視点から、宇治川の文学世界に漕ぎ出す。

 

 

目次
序 宇治川――異界・境界の川
一 宇治の歌物語――記紀万葉のうためぐり
 Ⅰ 宇治の古代歌謡幻想
  ・忍熊王・武内宿禰をめぐるうた
  ・大山守・菟道稚郎子をめぐるうた
  ・ワニ氏の伝承文芸――蟹のうた
 Ⅱ 宇治の万葉歌碑散策
  ・もののふの八十宇治川
  ・網代・舟よばふ声
  ・ちはや人宇治川波を清みかも
  ・宇治の渡り
  ・今木の嶺
  ・宇治の京の仮盧
二 宇治の姫物語――后妃・貴族の姫・物語の姫
 Ⅰ 木幡の姫物語
  1宮主矢河枝比売――「木幡の道に遇はしし嬢子」 
  2倭姫王――「木幡の上を通ふ」魂を見る
  3中の君――「木幡の時雨」の出会い 
  4きしゆ御前――「木幡の狐」
 Ⅱ 宇治の姫物語
  1大君・中君・浮舟――『源氏物語』・宇治十帖の姫君たち
  付「宇治十帖」の古跡を歩く 
  2尚侍(男君)・大将(女君)――『とりかへばや物語』の姫君
  3藤原道綱の母――『蜻蛉日記』を書いた姫
  4菅原孝標の娘――『更級日記』を書いた姫
  5藤原寛子――浄土の世界にあこがれた姫
三 宇治の説話物語――流域の伝承
 Ⅰ 宇治の怨霊物語
  1宇治の橋姫――鬼と化した姫 
  2宇治民部卿――悪霊となった忠文
 Ⅱ 池尾の僧侶の物語 
  1喜撰法師――雲に乗って飛び去った歌人
  2禅智内供――長鼻をもてあました僧侶
 Ⅲ 水辺の伝承 
  1弥陀次郎川――「悪」より「弥陀」へ
  2亀石――秘められた謎
 Ⅳ 源平武将の伝承 
  1源頼政の逃げ道――頼政道 
  2平重衡伝説――奈良街道沿い
四 宇治の戦物語――先陣争いを中心に
 はじめに――宇治川戦跡の碑
 Ⅰ 源平の合戦――『平家物語』より
  1足利又太郎の先陣 
  2佐々木高綱・梶原景季の先陣争い 
 Ⅱ 承久の合戦――『承久記』より
  ・佐々木信綱・芝田橘六の先陣争い
 Ⅲ 南北朝の合戦――『太平記』より
  ・楠木正成の先陣的行為
 Ⅳ 室町幕府崩壊・槇島の合戦――『信長公記』・『信長記』から
  ・梶川弥三郎の先陣と足利義昭の流浪
おわりに――宇治川の「静」と「動」
あとがき
参考文献

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート