智慧の海叢書6
コンジキドウハナゼタテラレタカ

金色堂はなぜ建てられたか

金色堂に眠る首級の謎を解く
高井ふみや 著
ISBN 978-4-585-07107-5 Cコード
刊行年月 2004年5月 判型・製本 B6判・並製 232 頁
キーワード

定価:1,540円
(本体 1,400円) ポイント:42pt

 品切 
書籍の詳細

金色堂・須夜壇の下の、首の主はだれ?
金色堂は、平泉政権初代清衡の実父・経清を祀る葬堂であった?
資料・文献を渉猟して、定説・四代目清衡説をくつがえす!

 

 

目次
Ⅰ 金色堂の謎
Ⅱ 源頼朝による“平泉侵略戦争”と藤原泰衡
Ⅲ “前九年の役”と藤原の経清
Ⅳ 平安京・西獄門
Ⅴ 京都みちのく伝説回廊
Ⅵ “後三年の役”と藤原泰衡
Ⅶ 御遺体学術調査報告
Ⅷ 首級の刀傷
Ⅸ 頼朝と勝長寿院
Ⅹ 六地蔵尊と「中尊寺供養願文」

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート