アジア遊学148
オウチョウカラコクミンコッカヘ

王朝から「国民国家」へ

清朝崩壊100年
楊海英 編
ISBN 978-4-585-22614-7 Cコード 1320
刊行年月 2011年12月 判型・製本 A5判・並製 192 頁
キーワード 中国,東アジア,近現代

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

辛亥革命は中国史のなかでどのような意義をもち、何を変えたのか。
三民主義を唱えた孫文は、現在の中国にとっていかなる存在なのか。
その革命を、当時の日本人たちはどのように見ていたのか。
革命後、中国は「国民国家」に変貌したといえるのか。
そして、私たちの革命イメージのなかで、辛亥革命とそれに続く中国という国家はどのように受容されているのか。
辛亥革命から100年。
日本、モンゴル、満洲といった周辺の国々の視点に立ち、「革命」の歴史的意義とそれがもたらした功罪を再検討する。

 

 

目次
まえがき―悪魔としての「革命」が生んだ中国流植民地体制  楊海英

【座談会】第一部清朝と辛亥革命  馬場公彦・宮脇淳子・村田雄二郎・楊海英

辛亥革命の歴史的位置  村田雄二郎

辛亥革命を同時代の日本人はどう見たか―日本で発行された雑誌を通して  馬場公彦

清朝崩壊から満洲帝国の成立へ  宮脇淳子

清朝崩壊一〇〇周年と労働者階級の変遷  劉燕子

モンゴルから見た清朝崩壊  楊海英

【座談会】第二部 中華人民共和国と辛亥革命  馬場公彦・宮脇淳子・村田雄二郎・楊海英
プロフィール

楊海英(やん・はいいん)
静岡大学人文学部教授。内モンゴル出身。日本名大野旭(おおの・あきら)。国立
総合研究大学院大学博士課程修了。歴史人類学専攻。
著書に『モンゴルとイスラーム的中国』(風響社)、『墓標なき草原―内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』(岩波書店 第十四回司馬遼太郎賞受賞)など。

書評・関連書等

「産経新聞」(2012年3月18日)にて、本書の書評が掲載されました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
彰義隊士の手紙

彰義隊士の手紙

大藏八郞 著
定価:22,000円
(本体 20,000円)
増補改訂版 図像学入門

増補改訂版 図像学入門

山本陽子 著
定価:2,640円
(本体 2,400円)
日本近世史入門

日本近世史入門

上野大輔・清水光明・三ツ松誠・吉村雅美 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
重要文化財 東福寺五百羅漢図 修理と研究

重要文化財 東福寺五百羅漢図 修理と研究

石川登志雄 編
定価:24,200円
(本体 22,000円)
ショッピングカート