ゲンキブンガクノケンキュウ

験記文学の研究

千本英史 著
ISBN 978-4-585-10041-6 Cコード 3091
刊行年月 1999年2月 判型・製本 A5判・上製 404 頁
キーワード 宗教,説話,平安,中古

定価:11,220円
(本体 10,200円) ポイント:306pt

 品切 
書籍の詳細

説話文学において「験」(ものごとのしるし=表徴、事柄の甲斐)を描くことは、大きなテーマであり、平安期以降数多くの「験記」が作られてきた。それらは今昔物語集、宇治拾遺物語等の素材として注目されることはあっても、「験記」自体を本格的に考究したものは皆無に近かった。本書において初めて験記ジャンル文学の系統的全体像の見通しを示し、一部においては、代表的な作品である11世紀中葉成立の「本朝法華験記」の成立論的作品論的分析を行った。また二部では、「本朝法華験記」以外の諸験記を紹介・分析した。

 

 

おすすめ

  [詳細]
重要文化財 東福寺五百羅漢図 修理と研究

重要文化財 東福寺五百羅漢図 修理と研究

石川登志雄 編
定価:24,200円
(本体 22,000円)
調べ物に役立つ 図書館のデータベース

調べ物に役立つ 図書館のデータベース

小曽川真貴 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
戦後出版文化史のなかのカストリ雑誌

戦後出版文化史のなかのカストリ雑誌

石川巧 編集代表/カストリ雑誌編集委員会 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
増補改訂版 室町時代の将軍家と天皇家

増補改訂版 室町時代の将軍家と天皇家

石原比伊呂 著
定価:9,900円
(本体 9,000円)
ショッピングカート