ニホンゴキョウイクノオンセイ

日本語教育の音声

城生佰太郎 著
ISBN 978-4-585-28007-1 Cコード 1081
刊行年月 2012年3月 判型・製本 A5判・並製 176 頁
キーワード 日本語

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
音声学のあらたなスタンダード

「国語教育」が日本人を対象とする日本語の教育であるのに対し、「日本語教育」は外国人を対象とする日本語の教育である。
国語教育とは異なる切り口から日本語の音声を捉え、わかりやすく開かれた音声教育のありかたを問う。

 

 

目次
はしがき 

第1部 音声とはなにか?
 第1章 音秘 
 第2章 日本語教育 
 第3章 朗読で老化を乗り切る 
 第4章 百人一首を当時の音で読む 
 第5章 世の中は、澄むと濁るで大違い 
 第6章 いっこく堂―その1 音の種類 
 第7章 いっこく堂―その2 子音の作り方 
 第8章 いっこく堂―その3 接近音と「ン」 
 第9章 口形で音を判断 
 第10章 快音・不快音 
 第11章 黄色い声 
 第12章 17人のスティーヴンソン 
 第13章 古典日本語の動詞活用

第2部 音声学とはなにか?
 第1章 音声学とは 
 第2章 発声と調音 
 第3章 母音の分類と記述(1) 
 第4章 母音の分類と記述(2) 
 第5章 子音の分類と記述(1) 
 第6章 子音の分類と記述(2) 
 第7章 アクセント(1) 
 第8章 アクセント(2) 
 第9章 イントネーション 
 第10章 音韻論 
 第11章 音節と拍
プロフィール

城生佰太郎(じょうお・はくたろう)
1946年生まれ。筑波大学名誉教授・文教大学文学部教授。博士(学術)。
主な著書に『アルタイ語対照研究』(勉誠出版、2001年)、『モンゴル語母音調和の研究』(勉誠出版、2005年)、『日本音声学研究』(勉誠出版、2005年)、『実験音声学入門』(サン・エデュケーショナル、2008年)、『一般音声学講義』(勉誠出版、2008年)、『日本語教育の語彙』(勉誠出版、2012年)、編著に『音声学基本事典』(勉誠出版、2011年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
ニコラエフスクの日本人虐殺

ニコラエフスクの日本人虐殺

アナトーリー・グートマン 著/長勢了治 訳
定価:4,180円
(本体 3,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート