アジア遊学280
トシトシュウキョウノヒガシアジアシ

都市と宗教の東アジア史

西本昌弘 編
ISBN 978-4-585-32526-0 Cコード 1314
刊行年月 2023年3月 判型・製本 A5判・並製 240 頁
キーワード 文化史,宗教,東アジア,世界史

定価:3,300円
(本体 3,000円) ポイント:90pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

中国の長安・洛陽、高句麗の平壌、百済の漢城、新羅の慶州、琉球の首里、ベトナムのハノイ、日本の奈良・京都・鎌倉・博多……東アジアには古代より様々な都市があった。
これらの都市には、王権・社会の安寧や繁栄を祈り、民衆の除災・追福を願う重要な場として、宗教を基盤とした祭祀施設がつくられていた。
東アジアにおける国家間、諸文化間の交流は、それら祭祀施設にどのような影響を与え、どのような変化をもたらしたのか。
また、王権や公武政権をはじめとする社会諸集団はどのように変化に対応し、受容していったのか。
考古学・文献史学・宗教史・美術史・東洋史など様々な視点から、東アジアの都市と宗教・祭祀の問題を捉え直す。

 

 

目次
序文 西本昌弘

Ⅰ 王都の宗教施設と儒教・仏教
中国 南北朝時代の王朝祭祀と都城 村元健一
朝鮮三国の国家祭祀 田中俊明
東アジアの祭天と日本古代の祭天 西本昌弘
藤原京・平城京と宗教施設 鈴木景二

Ⅱ 漢人集団・天台宗・禅宗の渡来と定着
大和地域の百済系渡来人の様相―五・六世紀を中心に 井上主税
義真・円澄と中国天台 貫田瑛
京都・地方禅林からみた北条得宗家と宋元仏教制度の導入 曾昭駿
尼五山景愛寺と法衣の相伝 原田正俊

Ⅲ 東アジアの仏教交流と寺院・文物
奈良・平安初期の四天王寺における資財形成と東アジア 山口哲史
宋元時代華北の都市名刹―釈源・洛陽白馬寺を中心に 藤原崇人
琉球・円覚寺の仏教美術―中国・朝鮮・日本 長谷洋一
阮朝初期におけるベトナム北部の仏教教団―福田和尚安禅の仏書刊行と教化活動 宮嶋純子
プロフィール

西本昌弘(にしもと・まさひろ)
関西大学文学部教授。専門は日本古代史。
主な著書に『日本古代の王宮と儀礼』(塙書房、2008年)、『飛鳥・藤原と古代王権』(同成社、2014年)、『早良親王』(吉川弘文館、2019年)、『空海と弘仁皇帝の時代』(塙書房、2020年)、『平安前期の政変と皇位継承』(吉川弘文館、2022年)などがある。

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
増補改訂 江戸の異性装者たち

増補改訂 江戸の異性装者たち

長島淳子 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
日本人の読書

日本人の読書

佐藤道生 著
定価:13,200円
(本体 12,000円)
訂正新版 図説 書誌学

訂正新版 図説 書誌学

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
本 かたちと文化

本 かたちと文化

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
ショッピングカート