ゴブンソウコウ

語文叢考

春日和男 著
ISBN 978-4-585-03103-1 Cコード 3081
刊行年月 2004年1月 判型・製本 A5判・上製 440 頁
キーワード 国語学

定価:13,200円
(本体 12,000円) ポイント:360pt

 品切 
目次
一、資料研究の部
 一 三宝絵詞東大寺切(旧関戸家本・現名古屋市博物館蔵本)追考
  1「おそる」(恐る)の活用その他
  2音便現象
  3撥音便と撥音尾―主として唇内と舌内の表記に関して―
  4せんふくの花―舌内韻尾表記上の問題―
 二 撥音表記上の限界と混乱の過程―特にm・nの場合について上記のまとめ―
 三 和泉往来続貂―「レ」の用法に関して―
 四 伊勢本節用集の一系譜―玉里文庫本と龍門文庫一本―
 五 来迎院本日本霊異記用字・用語管見 前田家本との異同を手掛りに
 六 九州大学蔵「金剛頂瑜加経巻第二」古点より
 七 蘇悉地羯羅経古点の一本より
 八 比較訓読試論
  1比較訓読について(その一)
  2比較訓読について(その二)
二、古典解釈の部
 一 月面到達と形容動詞
  1「静かの海」について
  2ガル語尾の問題
 二 萬葉集より
  1萬葉集の末句三題―「ては」と「てば」、その他―
  2碓氷の坂を越えしだに
  3「碓氷の坂を越えしだに」補説―父の思い出によせて―
  4萬葉集中島広足説―その書き入れ本を中心に―
  5山のたをり―その縁語的発想―
 三 文体と解釈
  1歌謡とそのことば―九州での話―
  2土佐日記の歌謡的文体の一面
  3語源論から文体論へ―古代説話文の周辺―
  4昔を今に迎え取ること―古代説話の国際性―
三、国語学界展望の部
 一 昭和三七・三八年における国語学界の展望総記
 二 国語学(昭和四〇年度)
 三 昭和四九・五〇年における国語学界の展望総記
 四 国語学(昭和六二年度)
 五 国語学五〇年の歩み―訓点語研究を中心に―
後書

おすすめ

  [詳細]
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
従軍日記と報道挿絵が伝える庶民たちの日露戦争

従軍日記と報道挿絵が伝える庶民たちの日露戦争

西川武臣 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート