カナヅカイオヨブガナジタイエンカクシリョウ

仮名遣及仮名字体沿革史料

大矢透 著/中田祝夫・峰岸明 解説索引
ISBN 978-4-585-03138-3 Cコード 3081
刊行年月 2005年5月 判型・製本 A4判・上製 200 頁
キーワード

定価:19,800円
(本体 18,000円) ポイント:540pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

国語音韻の変遷と仮名遣の変遷する状態、片仮名が仏典漢籍の訓点記入のために発生発達した状態を、平安初期より室町末期に至る訓点本資料によりて実証図表化。古訓点の傍訓多数。成実論、十輪経、四分律の三冊をも完備。中田祝夫解説、中田祝夫・峰岸明の和訓索引を付している。原著の色刷を復原。

 

 

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
食べるとはどういうことか

食べるとはどういうことか

佐藤洋一郎 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート