ゴカイサレタマンヨウゴ

誤解された万葉語

吉田金彦 著
ISBN 978-4-585-03217-5 Cコード 3081
刊行年月 2008年12月 判型・製本 A5判・上製 372 頁
キーワード 上代,国語学

定価:5,500円
(本体 5,000円) ポイント:150pt

数量 :
remove add
京都新聞(2009年5月10日)、読書面にて紹介されました(評者:谷川健一)。
書籍の詳細

国語学者による万葉集の検証。
万葉集の中の地名・地勢語を復元調査し、従来の解釈をただす。アイヌ語による意味を発見するなど、万葉語研究の新展開をもたらす画期的な書。緻密な現地踏査から、新しい歌の意味がよみがえる!

 

 

目次
序言 
第一章 誤解された万葉語
第二章 地名「草枕」から「草薙剣」「舞草刀」を考える
第三章 家持の「鈴掛けぬ駅馬」の解釈
第四章 山代国の大原野「入野」は歌垣の里
第五章 万葉集の東歌に詠まれた壬申の乱
第六章 望郷の歌、恋の歌―新田山―
第七章 地名に託す官人の思い―万葉地名「あごねの原」について―
第八章 有間皇子の「結び松」「椎の葉」の謎
第九章 「水草」と「はだすすき」の研究
第十章 万葉「赤土小屋」と地名「丹生」
初出一覧
索引

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート