セントウクダイゴジッシュ ミナセドノコイジュウゴシュウタアワセ ゼンチュウシャク

仙洞句題五十首・水無瀬殿恋十五首歌合 全注釈

石川一・広島和歌文学研究会 編
ISBN 978-4-585-29195-4 Cコード 3092
刊行年月 2020年2月 判型・製本 A5判・上製 384 頁
キーワード 中世,鎌倉,和歌

定価:11,000円
(本体 10,000円) ポイント:300pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細

正治・建仁期の新古今前夜における後鳥羽院歌壇の特色を示す重要作品2種、初の全注釈。本歌・語釈・歌意通釈・他集への入集状況を示し、それぞれの解題、初句索引を付した決定版。


※仙洞句題五十首(せんとうくだいごじっしゅ)
建仁元年(1201)年の後鳥羽院仙洞御所における和歌所再興まもなく、院により企画された歌合の一つ。後鳥羽院・良経・慈円・定家らが詠じ、上記四名に俊成・寂蓮を加え点者とした。『新古今和歌集』には十二首が選出され、新古今時代の歌風や歌壇状況を知る上での重要な資料である。

※水無瀬殿恋十五首歌合(みなせどのこいじゅうごしゅうたあわせ)
建仁二年(1202)年、後鳥羽院が水無瀬離宮にて催した歌合。作者は、後鳥羽院、良経、慈円、定家、家隆ら全十名。全百五十首中十五首が『新古今和歌集』に入集、うち六首が恋四の巻末三首と恋五の巻頭三首に配列されるなど、新古今的な秀歌を多く生み出した、極めてレベルの高い歌合の一つである。

 

 

目次
緒 言 石川一

Ⅰ 仙洞句題五十首
 凡 例
 全注釈
 解 題 石川一

Ⅱ 水無瀬殿恋十五首歌合
 凡 例
 全注釈
 解 題 田野慎二

初句索引
あとがき 石川一
執筆者紹介
プロフィール

石川一(いしかわ・はじめ)
県立広島大学人間文化学部教授・奈良大学文学部教授を経て、現在、県立広島大学人間文化学部名誉教授。専門は中世和歌。
著書に『七巻本拾玉集(架蔵本)翻刻』(共著、渓水社、1993年)、『慈円和歌論考』(笠間書院、1998年)、『拾玉集本文整定稿』(勉誠社、1999年)、『(旧多度津藩家老)林家所蔵文化財図録』(単編著、ぺりかん社、2003年)、『拾玉集(上・下)』和歌文学大系(共著、明治書院、2011年)、『後京極殿御自歌合・慈鎮和尚自歌合全注釈』(共著、勉誠出版、2011年)、『慈円法楽和歌論考』(勉誠出版、2015年)などがある。

おすすめ

  [詳細]
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
専門図書館探訪

専門図書館探訪

青柳英治・長谷川昭子 共著/専門図書館協議会 監修
定価:2,200円
(本体 2,000円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
アメリカ現代詩入門

アメリカ現代詩入門

原成吉 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート