ナラエホンタイヘイキノセカイ

奈良絵本『太平記』の世界

永青文庫所蔵『絵入太平記』全挿絵影印ならびに研究
中根千絵・森田貴之 編
ISBN 978-4-585-39007-7 Cコード 3091
刊行年月 2022年3月 判型・製本 B5判・上製 656 頁
キーワード 軍記,古典,室町,中世

定価:55,000円
(本体 50,000円) ポイント:1500pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
日本文化に多大な影響を与えた『太平記』を考えるための基礎資料

永青文庫所蔵『絵入太平記』は、軍記物語『太平記』全40巻および「剣巻」1巻の各巻を二冊ずつに分けた全83冊(うち目録1冊)の奈良絵本である。
『太平記』の奈良絵本として最大のものであり、さらには各冊に10枚前後の挿絵があり、全体で800枚近い挿絵点数を誇る。
奈良絵本として最多であるのみならず、『太平記』のほとんどの章段について挿絵を持っており、『太平記』享受史においても類をみない規模の絵画資料である。
本書では、これまで未公開であった本書の稠密極彩色の美麗な挿絵の全点をフルカラー影印し公開。研究篇では、『太平記』の各段の梗概および挿絵の解説、主要版本との挿絵の対比を示した表を収載、さらには永青文庫蔵『絵入太平記』の歴史的位置づけを考察した解題を収めた。

*こちらの商品は二分冊(分売不可)となっております。

 

 

目次
影印篇
 序言 中根千絵
 影印篇凡例
 各巻収載章段目録
 永青文庫所蔵『絵入太平記』 全挿絵影印 巻一~巻八十・剣巻(上・下)

研究篇
 『太平記』梗概 附:「絵入太平記」挿絵簡注
 解説 森田貴之
 『絵入太平記』挿絵当該章段一覧表
 あとがき 森田貴之
プロフィール

中根千絵(なかね・ちえ)
1967年生まれ。愛知県立大学教授。博士(文学)。専門は中古・中世文学 説話文学。
著書に『いくさの物語と諧謔の文学史』(三弥井書店、2010年)、『武家の文物と源氏物語絵―尾張徳川家伝来品を起点として』(共編著、翰林書房、2012年)、論文に「霊巌寺の妙見菩薩―日本の星信仰」(『天空の神話学』アジア遊学121、2009年)などがある。

森田貴之(もりた・たかゆき)
1979年生まれ。南山大学人文学部准教授。専門は軍記文学、和漢比較文学。
著書に『日本人と中国故事 変奏する知の世界』(小山順子・蔦清行共編、勉誠出版、2017年)、論文に「『太平記』の禅学、宋学―遺偈と『孟子』と殷周説話と」(『軍記物語講座第三巻 平和の世は来るか 太平記』花鳥社、2019年)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

瀧朝子 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート