オオエマサフサ

大江匡房

碩学の文人官僚
磯水絵 著
ISBN 978-4-585-22009-1 Cコード 3021
刊行年月 2010年12月 判型・製本 四六判・上製 288 頁
キーワード

定価:3,740円
(本体 3,400円) ポイント:102pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

平安時代後期の政治家、漢学者、歌人、説話の談話者としてマルチな才能を発揮した大江匡房。
『古事談』『続古事談』などの説話や漢詩文集、当時の日記、資料を博捜し、彼の周辺の人物、事件、時代背景を調べ上げることによって、これまでに語られることのなかった一面を浮き彫りにする。

 

 

目次
匡房伝を記す前に
第一章 匡房の辞書的人物伝 ― 匡房略伝 ―
第二章 歌人としての匡房 ― その家系 ―
第三章 匡房、恩顧の人々 ― 「暮年詩記」より ―
第四章 匡房の周辺 ― 『続本朝往生伝』より ―
第五章 匡房の生きた宮廷社会 ―『江次第』より―
第六章 匡房と音楽― 当時の宮廷儀礼と音楽について ―
第七章 随筆家としての匡房
第八章 匡房の言談―「江談」の世界―
第九章 まとめ―『大日本史』の世界―
付 大江匡房年譜

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート