ニホンキンセイショウセツシ ダンギボンヘン

日本近世小説史 談義本篇

野田壽雄 著
ISBN 978-4-585-03036-2 Cコード 3095
刊行年月 1995年12月 判型・製本 A5判・上製 364 頁
キーワード 近世

定価:9,350円
(本体 8,500円) ポイント:255pt

 品切 
書籍の詳細

本書は「仮名草子篇」「西鶴篇」に続く、『日本近世小説史』の第三冊目にあたる。
談義本は、近世宝暦年中それまでの上方中心の浮世草子に代わって、新しく江戸中心の小説として出現したものである。静観房好阿の「当世下手談義」を嚆矢とし、のちに平賀源内の「根無草」「風流志道軒伝」の二作が刊行になり、寛政末まで続いた。本書はそのような談義本の変遷の系譜を明らかにし、作品毎の精緻な解説を行う。
「談義本」研究は、未だ充分になされておらず、この分野では初の概観書である。

 

 

おすすめ

  [詳細]
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
戦国時代劇メディアの見方・つくり方

戦国時代劇メディアの見方・つくり方

大石学・時代考証学会 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート