コウテイハママツチュウナゴンモノガタリ

校訂 浜松中納言物語

須田哲夫・佐々木新太郎 編
ISBN 978-4-585-03125-3 Cコード
刊行年月 2005年2月 判型・製本 A5判・上製 392 頁
キーワード 中古,古典

定価:7,480円
(本体 6,800円) ポイント:204pt

 品切 
書籍の詳細

長年『浜松中納言物語』の校訂作業を続け、『浜松中納言物語』「未紹介本調査報告」の業績もある編者が、新発見の、従来最善本とされている榊原家本と同一粗本の同一書写者の本(兄弟本)である茨城大学図書館所蔵の菅文庫本を合わせて本文を校合した、『浜松中納言物語』本文の決定版である。

【浜松中納言物語とは】
11世紀半ば過ぎ成立。『更級日記』の作者、菅原孝標女作といわれる。
『源氏物語』の濃厚な影響下にあった当時の物語界において、その影響をうけつつも、舞台を唐に移したり、夢や転生が重要な役割をはたしたりといった新境地をひらいた作品。

 

 

目次
はしがき
本校訂本の基本的立場
茨城大学図書館蔵菅文庫本の概要
散逸首巻
凡例
本文整定における参照伝本と略号

【校訂本文】
濱松中納言 巻一
濱松中納言 巻二
濱松中納言 巻三
濱松中納言 巻四
濱松中納言 巻五

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート