イシヤマデラクラヨンヒャクガメンゲンジモノガタリガチョウ

石山寺蔵四百画面 源氏物語画帖

石山寺座主・鷲尾遍隆 監修/中野幸一編集
ISBN 978-4-585-00317-5 Cコード 1795
刊行年月 2005年4月 判型・製本 菊倍判変形・上製 416 頁
キーワード 美術,古典,中古

定価:27,500円
(本体 25,000円) ポイント:750pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

源氏物語の様々な場面を、現在最多の四百画面にわたり描いている画帖。淡墨主体の白描で、画面の上下に金泥の霞を刷く。土佐派の図様を踏襲するが、狩野派の瀟洒も併せており、絵師は未詳。江戸中期の作品とされる。
絵の説明文にあたる詞書は持たないが、各場面の内容を記した短冊が貼付されている。それによる場面内容は細かく、物語中の一瞬までをも指示している。
最大の特徴は、描かれた場面数が他を圧倒していることで、他の源氏物語絵巻や画帖には見られない希有な場面を多く含んでいる。
「源氏物語場面集」ともいい得る大作。

※日経新聞文化面(平成17年6月10日付)に大きく紹介されました。
※日本古書通信八月号(第913号)に、『石山寺四百画面 源氏物語画帖』が紹介されました。
※国文学 解釈と鑑賞893号(至文堂)、新刊紹介に、『石山寺四百画面 源氏物語画帖』が紹介されました(日向一雅明治大学教授評)。

 

 

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート