カンゼンバン ニンゲンノウンメイジュウゴ

完全版 人間の運命15

再会
芹沢光治良 著
ISBN 978-4-585-29544-0 Cコード 0093
刊行年月 2013年8月 判型・製本 四六判・並製 304 頁
キーワード 近現代

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
世界に誇る大長編・大傑作の完全版を初公開!

明治・大正・昭和の激動の世紀に、日本人はいかに苦難と苦悩の道を歩み、希望をつないできたか。時代の証言として描く近代精神史。


昭和20年暮、占領軍統治下の廃墟と化した東京に戻る。
衣食住物資のすべてが欠乏、人心も荒廃、政治も社会も混乱と不安が充満するなか、占領政策の日本国再編成により社会は劇的変貌をとげてゆく。


*本巻「人間の運命15 再会」は、新潮社版『人間の運命』第三部第二巻「再会」(昭43・11初版、昭47・10、13刷)の著者訂正本を底本とし、やはり著者の校閲した新潮文庫版『人間の運命(七)』(昭51・4刊)を参照した。著者訂正本の第十四章末尾の余白に「一九八五年十月」と書き込みがあり、この時期に推敲したと考えられる。また、そこには以下のようなメモ(本巻口絵参照)が書き込まれている。
「再会」はこれでとどめる。題も「再会」ではなくて「敗戦」と改題すべきだ。そして第三巻に「再会」を開くべきだ
このメモは、一度「×」印で削除した後に、「イキ」と再指示されている。著者の意図するところは、本巻を第十四章までとし、続く「終章」を削除することであり、本巻はそれに従った。「第三巻」は、『人間の運命』第三部第三巻のことで、続く新潮社版『遠ざかった明日』(昭47・1刊)を念頭にしている。なお、このメモの内容を活かすならば、本巻15の題名を「敗戦」、次巻16の題名を「再会」にすべきかも知れない。しかし、1巻「海に鳴る碑」を「次郎の生いたち」、2巻「父と子」を「親と子」としたような明確な指示がないことから、原題のままとした。また、元版に付けられた「あとがき」は、「人間の運命 別巻2」に収録する。(勝呂奏)

 

 

プロフィール

芹沢光治良(せりざわ・こうじろう)
明治29年(1896)5月4日、沼津市我入道に生まれる。
楊原小学校から県立沼津中学校、第一高等学校を経て、東京帝国大学経済学部に入学。在学中、高等文官試験に合格し、卒業後、農商務省に入ったが、官を辞してフランスに留学。滞在中結核に冒され、スイスで療養生活を送り、帰国後書いた「ブルジョア」が『改造』に当選して作家生活に入る。
「巴里に死す」「サムライの末裔」でフランス友好国際大賞、代表作である大河小説「人間の運命」で芸術院賞を受賞。また、多年にわたるユネスコ運動の功績で勳三等瑞宝章を、さらに日仏文化交流の功労者としてフランス政府からコマンドール章を受ける。
日本ペンクラブ会長、文芸家協会理事、ノーベル賞推薦委員、日本芸術院会員などを歴任。昭和55年(1980)沼津市名誉市民となる。89歳より「神の微笑」から始まる神シリーズ8冊を執筆。
平成5年(1993)3月23日、東京都中野区東中野の自宅において逝去(享年96歳)。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
村と民衆の戦国時代史

村と民衆の戦国時代史

稲葉継陽・清水克行 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
調べ物に役立つ 図書館のデータベース

調べ物に役立つ 図書館のデータベース

小曽川真貴 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
知識インフラの再設計

知識インフラの再設計

数藤雅彦 責任編集
定価:3,520円
(本体 3,200円)
カルナとアルジュナ

カルナとアルジュナ

川尻道哉 著
定価:2,640円
(本体 2,400円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート