ブンカノケイショウトテンカイ

文科の継承と展開

都留文科大学国文学科50周年記念論文集
都留文科大学国文学科 編
ISBN 978-4-585-29014-8 Cコード 3090
刊行年月 2011年4月 判型・製本 A5判・上製 616 頁
キーワード 上代,中古,中世,近世,近現代,古典

定価:13,200円
(本体 12,000円) ポイント:360pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

都留文科大学文学部国文学科の五十周年記念論文集

 

 

目次
久保木哲夫 伝後伏見院筆広沢切
鷺只雄 庄野潤三と富士正晴1
大久保廣行 藤原宇合と高橋虫麻呂作歌

高橋宏幸 都留文科大学附属図書館蔵『伊勢物語』について
樋渡登 江戸中期洞門系「講義録」の一文体
鈴木武晴 続「なまよみの甲斐」考
加藤静子 『紫式部日記』消息的部分の位置づけ
佐藤明浩 『久安百首』部類本考
楠元六男 一家に遊女もねたり
田中実 「100%の愛」の裏切り
阿毛久芳 『歴程』における宮沢賢治
新保祐司 大佛次郎と内村鑑三
古川裕佳 志賀直哉「憶ひ出した事」
寺門日出男 中井履軒の京都往還
牛山恵 単元学習の史的展開と学力観

伊藤一重 平家物語における対称の代名詞「君」の用法
若林俊英 八代集の「詞書」の語彙について
播磨光寿 『徒然草』の作者が目指したもの
高橋昌彦 藤山惟熊と『藤山詩論』
瓜生清 白鳥史劇のオリジナリティー
石川巧 万博と文学
宮崎真素美 夢のふるまい
渡辺史郎 うつくしき幻想の楕円
焼山広志 菅原道真の太宰府時代の漢詩
 「敍意一百韻」の構成論考
谷口真由美 杜甫詩における自称表現について

おすすめ

  [詳細]
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート