遊学叢書8
フカザワシチロウ

深沢七郎

この面妖なる魅力
相馬庸郎 著
ISBN 978-4-585-04068-2 Cコード
刊行年月 2000年7月 判型・製本 四六判・上製 314 頁
キーワード

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

 品切 
書籍の詳細

近代文学史上の鬼才深沢七郎についての初の総合的探求の書である。『楢山節考』から『ちょっと一服,冥土の遺書』にいたる作品を「作品として」丹念にたどった労作で,詳細な作家像の描写も試みている。第九回やまなし文学賞(平成13年)受賞。

 

 

おすすめ

  [詳細]
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
公文書管理法時代の自治体と文書管理

公文書管理法時代の自治体と文書管理

宮間純一 編
定価:6,600円
(本体 6,000円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート