遊学叢書8
フカザワシチロウ

深沢七郎

この面妖なる魅力
相馬庸郎 著
ISBN 978-4-585-04068-2 Cコード
刊行年月 2000年7月 判型・製本 四六判・上製 314 頁
キーワード

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

 品切 
書籍の詳細

近代文学史上の鬼才深沢七郎についての初の総合的探求の書である。『楢山節考』から『ちょっと一服,冥土の遺書』にいたる作品を「作品として」丹念にたどった労作で,詳細な作家像の描写も試みている。第九回やまなし文学賞(平成13年)受賞。

 

 

おすすめ

  [詳細]
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
名将 山本五十六の絶望

名将 山本五十六の絶望

鈴木荘一 著
定価:990円
(本体 900円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート