ハルトビラヲタタク

春扉を叩く

中西伊之助 著/青木信雄 解説
ISBN 978-4-585-05044-5 Cコード
刊行年月 2000年4月 判型・製本 四六判・上製 680 頁
キーワード

定価:6,380円
(本体 5,800円) ポイント:174pt

 品切 
書籍の詳細

中西伊之助は大正11年『赫土に芽ぐむもの』でデビューし,以後,農民文学,『農夫喜兵衛の死』(大12)などを発表し,注目され,日本プロレタリア文学の初期を代表する作家となる。昭和5年前後はこれまで中西伊之助文学にとって,空白の時代とされていたが,実は,長編小説『春扉を叩く』が発表されていた。この作品は中西伊之助文学を代表するだけでなく,日本プロレタリア文学,もしくは日本プロレタリア文学の大衆化という観点から見ても看過し得ない重要な作品である。

 

 

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
増補改訂新版 日本中世史入門

増補改訂新版 日本中世史入門

秋山哲雄・田中大喜・野口華世 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート