日本の作家100人
ミウラアヤコヒトトブンガク

三浦綾子 人と文学

岡野裕行 著
ISBN 978-4-585-05182-4 Cコード 0091
刊行年月 2005年10月 判型・製本 四六判・上製 248 頁
キーワード

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

三浦綾子は、自らがクリスチャンであること、伝道のために小説を書いていることを、作家としてのデビュー当初から公言してきた。作品のいたるところにキリスト教の思想が散りばめられ、自らの作品が読者を「聖書」へと導くための伝道の手段となることが、己の作家としての役割であるとの思いを、一貫して持ち続けてきた稀有な作家であった。
三浦綾子の小説世界の根底に流れているキリスト教への志向を、その人物像や生い立ち、作品から迫る。

-------------------------
※日本図書館協会選定図書(第2533回)

 

 

おすすめ

  [詳細]
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート