マツモトセイチョウジテン

松本清張事典

歴史と文学の会 編
ISBN 978-4-585-06007-9 Cコード
刊行年月 1998年6月 判型・製本 四六判・上製 496 頁
キーワード

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

 品切 
書籍の詳細

※本書は在庫僅少ですが、増補改訂版の刊行を予定しております。

昭和が生んだ巨匠,清張の全業績が一書に集約された画期的な事典である。事項篇と作品篇に分かれ,事項篇では,清張とその文学の背景となった「芥川龍之介」「故郷九州」などの事項が解説してある。作品篇では,240作品についてのジャンル,初出雑誌,発表年月,内容のあらすじ,執筆者の評価,参考文献などがあげられており,清張の仕事の概略がこの一書にほぼ集約されている。巻末には,年譜,全作品一覧,清張についてふれた主要文献目録も収録。

 

 

おすすめ

  [詳細]
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
変化する社会とともに歩む学校図書館

変化する社会とともに歩む学校図書館

野口武悟 著
定価:2,420円
(本体 2,200円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート