コレクション中国同時代小説9
キュウセキ

旧跡

血と塩の記憶
李鋭 著/関根謙 訳
ISBN 978-4-585-29519-8 Cコード 0397
刊行年月 2012年7月 判型・製本 四六判・上製 400 頁
キーワード 中国

定価:3,960円
(本体 3,600円) ポイント:108pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
歴史と人間を描く骨太の作家

四川省の架空の町・銀城(岩塩生産で有名な自貢がモデル)を舞台に、国共内戦から文化大革命を経て、改革開放に至るまでの劇的な社会の変遷を、この地で塩業を営む大家族三代の歴史として描く大河小説。
伝統的産業を守る名家と新興の企業家の対立抗争を柱に、凄絶な時代の渦に呑みこまれていく非情の人間模様を描き出している。

 

 

目次
(収録作品)
『旧跡―血と塩の記憶』
プロフィール

李鋭(リールイ/Li Rui)
1950年、北京生まれ。文革中は山西省の山村に下放。編集者を経て、88年より山西省作家協会の専業作家。農民の言語を取り入れた骨太の作品で知られる。
『厚土―呂梁山印象』シリーズ(86‐88)、『無風の樹』(95)など、その作品群には公認された歴史を個人の血の体験の集積として捉え直そうとする作家としての情念が強く感じられる。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
樋口一葉詳細年表

樋口一葉詳細年表

伊藤氏貴・能地克宜 編
定価:16,500円
(本体 15,000円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

瀧朝子 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート