チュウゴクキンダイサンブンケッサクセン

中国現代散文傑作選 1920-1940

戦争・革命の時代と民衆の姿
中国一九三〇年代文学研究会 編
ISBN 978-4-585-29113-8 Cコード 1098
刊行年月 2016年3月 判型・製本 四六判・並製 450 頁
キーワード 中国,近代

定価:4,620円
(本体 4,200円) ポイント:126pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
中国文学史上、小説・詩文を超える価値を築いた、散文の精華

日本で初めて、1920~1940年代中国人作家の散文を集めた。
魯迅、巴金、周作人、郁達夫…。時代を彩った代表的作家31人の、当時の世相を反映する作品群を掲載。
「革命・時代」「旅・異郷」「故郷・民衆」「家族・生命」の4部で動乱の時代を描き出す。

 

 

目次
革命・時代
 魯迅「劉和珍君を記念する」
 丁玲「三八節有感」
 孫犁「采蒲台の葦」
 聞一多「儒・道・土匪について」
 費孝通「復讐は勇に非ず」
 茅盾「故郷雑記」

旅・異郷
 夏丏尊「日本の障子」
 瞿秋白「赤いロシアの帰り道」
 徐志摩「我が心のケンブリッジ」
 艾蕪「茅草地で」
 蕭紅「東京にて」
 馮至「山村の墓碑」
 鄭振鐸「海燕」
 郁達夫「還郷記」

故郷・民衆
 蘆焚「紅廟行」
 何其芳「弦」
 朱光潜「人生と自分について」
 徐蔚南「山陰道上」
 梁実秋「雅舎」
 周作人「水の中のもの」
 巴金「エルクの灯火」
 呉組緗「薪」
 兪平伯「陶然亭の雪」

家族・生命
 朱自清「後ろ姿」
 老舎「私の母」
 凌叔華「愛犬ぶちを悼む」
 豊子愷「おたまじゃくし」
 沈従文「街」
 李広田「花鳥おじさん」
 廃名「秋を悼む」
 謝冰心「南帰」

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
新彰義隊戦史

新彰義隊戦史

大藏八郞 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート