リュウハクショウワシュウゼン

劉白唱和集(全)

柴格朗 訳注
ISBN 978-4-585-03102-4 Cコード 3090
刊行年月 2004年6月 判型・製本 A5判・上製 950 頁
キーワード

定価:27,500円
(本体 25,000円) ポイント:750pt

 品切 
書籍の詳細
白居易と劉禹錫との書簡集、初の全注釈

知足安分を座銘とし、政権抗争から遠ざかろうとした白居易、一方不撓不屈を信条とし、何処までも中央政界へ進もうとする劉禹錫(りゅううしゃく)。
二人の処世態度は相異なるものであった。

本書は二人を取り巻く環境を重視し、詩が詠まれた「場」をふまえて読もうとしたもので、本書を通じて劉禹錫、白居易という中国を代表する士大夫の生きざまが見えてくる。

 

 

目次
前言

第一章 劉禹錫と白居易の生涯
一 劉禹錫の早年時代
二 白居易の早年時代
三 左遷
四 高級官僚に昇る白居易
五 なおも左遷の続く劉禹錫
六 宝暦以降
七 洛陽閑居

第二章 『劉白唱和集』の復原

第三章 『劉白唱和集』本編
目次
巻一
巻二
巻三
巻四
巻五

付 録 文五篇・詩四首

年表 劉禹錫・白居易の行跡
唐代研究のしおり
―唐代の長安と洛陽・地図篇

後書き
白居易詩文作品番号表
付・劉詩対照

主要語句索引

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート