リュウハクショウワシュウゼン

劉白唱和集(全)

柴格朗 訳注
ISBN 978-4-585-03102-4 Cコード 3090
刊行年月 2004年6月 判型・製本 A5判・上製 950 頁
キーワード

定価:27,500円
(本体 25,000円) ポイント:750pt

 品切 
書籍の詳細
白居易と劉禹錫との書簡集、初の全注釈

知足安分を座銘とし、政権抗争から遠ざかろうとした白居易、一方不撓不屈を信条とし、何処までも中央政界へ進もうとする劉禹錫(りゅううしゃく)。
二人の処世態度は相異なるものであった。

本書は二人を取り巻く環境を重視し、詩が詠まれた「場」をふまえて読もうとしたもので、本書を通じて劉禹錫、白居易という中国を代表する士大夫の生きざまが見えてくる。

 

 

目次
前言

第一章 劉禹錫と白居易の生涯
一 劉禹錫の早年時代
二 白居易の早年時代
三 左遷
四 高級官僚に昇る白居易
五 なおも左遷の続く劉禹錫
六 宝暦以降
七 洛陽閑居

第二章 『劉白唱和集』の復原

第三章 『劉白唱和集』本編
目次
巻一
巻二
巻三
巻四
巻五

付 録 文五篇・詩四首

年表 劉禹錫・白居易の行跡
唐代研究のしおり
―唐代の長安と洛陽・地図篇

後書き
白居易詩文作品番号表
付・劉詩対照

主要語句索引

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
食べるとはどういうことか

食べるとはどういうことか

佐藤洋一郎 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート