遊学叢書30
エロストテイセツノクツ

エロスと貞節の靴

弾詞小説の世界
方蘭 著
ISBN 978-4-585-04090-3 Cコード
刊行年月 2003年1月 判型・製本 四六判・上製 264 頁
キーワード

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

 品切 
書籍の詳細

 1000年にわたる纏足(てんそく)のいまわしい習俗。良家の子女たちが「婦道」という儒家的観念を背負って、どのように生きたか。
 17〜19世紀にかけて活躍した、三人の中国女性作家の作品をひも解き、封建的な儒家社会の中で女性がみずから体験した、女性ゆえの「愛」と「尊厳」と「苦悩」に光をあてる。

 

 

目次
はじめに 小さすぎる靴

序論 女性の弾詞小説
 女性と弾詞/儒家の礼法/婦道と貞節/心の纏足をほどいて

第一章 「婦道」の重圧に反抗して
    ――陶貞懐の『天雨花』――
 陶貞懐という女性/従順の掟/弱々しい反抗/貞潔の掟/大胆な反抗

第二章 「無才は美徳」に反抗して
    ――陳端生の『再生縁』――
 江南の才媛・陳端生/才子佳人の物語/苦悩の群像/男の長靴に魅せられて/永遠の苦悩

第三章 三従のくびきに負けず
    ――●心如の『筆生花』――
 淮陰の●心如/千愁万慮の苦境/貞女の鑑/三従のくびき/苦しみのはてる時

結 語新しい靴をはいて

おすすめ

  [詳細]
公文書管理法時代の自治体と文書管理

公文書管理法時代の自治体と文書管理

宮間純一 編
定価:6,600円
(本体 6,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
村と民衆の戦国時代史

村と民衆の戦国時代史

稲葉継陽・清水克行 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
知識インフラの再設計

知識インフラの再設計

数藤雅彦 責任編集
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート