世界の作家
ヘミングウェイヒトトブンガク

ヘミングウェイ 人と文学

島村法夫 著
ISBN 978-4-585-07164-8 Cコード
刊行年月 2005年10月 判型・製本 四六判・上製 240 頁
キーワード

定価:2,640円
(本体 2,400円) ポイント:72pt

 品切 
書籍の詳細

ヘミングウェイの文学と生涯は、十八歳のときにイタリアの戦場で被弾して被った臨死体験を抜きには語れない。
彼の原風景ともいうべき死を媒介にした内的世界を強烈に意識しつつ、スペインの内戦を挟み、二つの大戦に魅せられて激動
の時代を生き抜いた作家の特異な精神の軌跡が、遺作を含む彼の作品群と伝記的事実の密接な関わりを通して捉えられる。
斬新なヘミングウェイ像が、十分な説得力をもって迫ってくる。

 

 

おすすめ

  [詳細]
新彰義隊戦史

新彰義隊戦史

大藏八郞 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
江戸庶民のまじない集覧

江戸庶民のまじない集覧

長友千代治 著
定価:6,600円
(本体 6,000円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート