SCIENCE of HUMANITY34
ゼンキキュウセッキイセキネツゾウジケンノシンソウヲカタル

前期旧石器遺跡捏造事件の真相を語る

編集部 編
ISBN 978-4-585-07035-1 Cコード
刊行年月 2001年6月 判型・製本 A5判・並製 128 頁
キーワード

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

 品切 
目次
経過報告
捏造発覚の経緯■竹岡俊樹
誌上対談
前期旧石器問題の真実を語る■小田静夫 × 竹岡俊樹
関連学問からの証言
「石器遺跡捏造問題」で責任をとるべきは誰か■馬場悠男
火山灰編年学からみた「前期旧石器ねつ造事件」■早川由紀夫
考古学における「年代バブル」について■安本美典
上高森遺跡発掘に参加して■小野塚永治
上高森遺跡、その他宮城県内の旧石器遺跡のこれから■今野隆吉
旧石器捏造事件を機に感じたことなど■江原昭善
ジャーナリストは語る
危機に立つ考古学■伊藤和史
まぼろしのニッポン原人を夢想していた■岩田一平
問題はどう検証するか? だが…■太田 朗
ピルトダウンと前期旧石器捏造事件■河合信和
捏造問題を考える■冨安京子
演じ続けた「第二の相沢」■渡辺延志
考古学者はどう語る
考古遺跡の検証と陪審員制度■井川史子
石器研究とねつ造事件■角張淳一
前期旧石器捏造とペトログラフ■齊藤基生
旧石器捏造事件・私はこのように理解する■竹花和晴
上高森遺跡の石器埋納遺構■戸田哲也
日本における前期旧石器の検証■山村貴輝
前期旧石器捏造事件の背景■服部研二
メタな視点■水山昭宏
信頼から猜疑の体系へ■小野 昭
関連文献集成
【発覚前】
石器や年代などに疑問残る「遺跡」■小田静夫
「前期旧石器」とはどのような石器群か(オリジナル)■竹岡俊樹
前期・中期旧石器発見物語は現代のおとぎ話か■角張淳一
【発覚の時】
報道現場は何を考えたか■毎日新聞社「旧石器遺跡取材班」
【発覚後】
今度は考古学のスキャンダル■C.T.キーリ
「相模野旧石器編年の到達点」(追記)■諏訪間順
そして90日■砂田佳弘
石器真偽判定
「前期旧石器」観察記■竹岡俊樹
研究史は語る
日本前期旧石器研究解題■小田静夫
前期旧石器スキャンダル■C.T.キーリ
ネットで読む"神の手"事件■早  傘
「記録」にみる藤村新一の不思議な力■竹岡俊樹
前期旧石器QandA■水山昭宏
「旧石器発掘ねつ造」■毎日新聞社「旧石器遺跡取材班」
タイトルTOP

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート