チュウセイコウフクジユイマエノケンキュウ

中世興福寺維摩会の研究

高山有紀 著
ISBN 978-4-585-10014-0 Cコード 3091
刊行年月 1997年3月 判型・製本 A5判・上製 394 頁
キーワード 宗教,中世

定価:12,100円
(本体 11,000円) ポイント:330pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

本書は先行研究の乏しかった興福寺維摩会を直接扱う初めての研究書である。「総論」では中世寺院社会の構造と教学を論じ、さらに興福寺維摩会の成立と構成について概観する。第1部・第2部では、維摩会の軸となる講問論義と竪義論義の内容と意義を明らかにする。第3部では維摩会を主催し、竪義論義の出題を行う探題の機能について考察する。第4部では維摩会の研究に不可欠と考えられる未刊の史料を翻刻しその意義を論じた。

 

 

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
元朝の歴史

元朝の歴史

櫻井智美・飯山知保・森田憲司・渡辺健哉 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
土地の記憶から読み解く早稲田

土地の記憶から読み解く早稲田

ローザ・カーロリ 著/大内紀彦、フィリッポ・ドルネッティ 訳
定価:2,970円
(本体 2,700円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート