クンダイカンソウチョウキノソウゴウケンキュウ チャカコウノゲンテンエドショキリュウエイゴモツノケッテイ

君台観左右帳記の総合研究 茶華香の原点・江戸初期柳営御物の決定

矢野環 著
ISBN 978-4-585-10053-9 Cコード
刊行年月 1999年2月 判型・製本 A5判・上製 832 頁
キーワード

定価:56,100円
(本体 51,000円) ポイント:1530pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

美術史、茶華香道の研究に必備の書。多種多様な芸道伝書の成立と展開過程を数量化理論を応用して解明。座敷飾の聖典であり、花伝書の母胎であった『君台観左右帳記』現存本は、150件あまりにのぼり、それらを整理・分類し解題する。また関連する印譜・茶書・花書・香書50件を解題し、「文阿彌花伝書」「専応口伝」の諸本を系統づけるもので、江戸初期の柳営御物202件を決定し、特に将軍家光甍去時の御物の状況がわかる。さらに「玩貨名物記」は正保3年の情報を元にしたものと解明された。
・影印篇55件(330頁)は『君台観左右帳記』天文五年写本を始めとして、東北大学本に遡るもの、中期型、類従本原形、「御飾書」祖本、主要名物記を全巻影印し、かつ幕末に至る座敷飾の主要文献を参考資料として掲げる。新出資料、初紹介資料が多い。
・翻刻篇19件(二段組110頁)は、『君台観左右帳記』未翻刻本、宗珠所伝室町写本、主要名物記、古茶書、謡曲までを含む。
・研究篇(360頁)では、『君台観左右帳記』各部分の詳細な比較を行い、諸本鑑別の基準を与える。さらに柳営御物の詳細な表を含み、江戸初期の202件を決定し、かつ諸本での記載対照表を掲載する。『君台観左右帳記』の全体像、並びに柳営御物全体像の初めての総合研究。

 

 

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート