ジュキョウギレイトキンセイニホンシャカイ

儒教儀礼と近世日本社会

闇斎学派の『家礼』実践
松川雅信 著
ISBN 978-4-585-21056-6 Cコード 3010
刊行年月 2020年7月 判型・製本 A5判・上製 440 頁
キーワード 思想,日本史,江戸,近世

定価:11,000円
(本体 10,000円) ポイント:300pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
「近世日本にとって儒教儀礼とは何であったのか―」

科挙のような儒教的制度を有さない他方、仏教によって葬儀や祭祀が主導されていた近世日本社会。そうした社会を生きる儒者達は、儒教儀礼、殊に東アジアで絶大な影響力を誇った『家礼』記載の喪祭礼を、どのように捉え、そしていかにして実践しようと試みていたのか。
長期間にわたってこの問題と真摯に向き合い続けた、山崎闇斎を学祖とする闇斎学派に着目、思想と社会とが様々に交錯する現場に立ち入ることで、これまで見落とされてきた近世日本儒教の新しい一面を照らし出す。

 

 

目次
凡 例

 序 章
   一、問題設定
   二、先行研究―儒礼の不在から実在へ
   三、課題―近世日本社会との関係性
   四、素材―闇斎学派であることの意義
   五、『家礼』とは何か―前提と特徴
   六、本書の構成

第一部 浅見絅斎とその周辺
 第一章 「此方ナリ」の『家礼』実践―基軸としての「本」と「文」
   一、緒言
   二、「朱子モ此方ニ生ズレバ、此方ナリニ家礼ガデケルゾ」
   三、「名分の守」と祖先祭祀
   四、「愛敬の実」と遺骸保護
   五、「庶人」という自意識
   六、小結
 第二章 「物ナリ」の思考―「格物」と喪礼実践
   一、緒言
   二、「物」と「格物」と「心」
   三、「格物ノ学失候義、通病ニテ候」
   四、「格物」による喪礼実践法の案出
   五、小結
 第三章 「心ノ理ナリ」による来格―鬼神論と祭礼実践
   一、緒言
   二、「陰陽の鬼神」―「気」として遍在する鬼神
   三、「祭祀の鬼神」―「心ノ理ナリ」による来格
   四、絅斎の周辺―崎門派と垂加派
   五、小結

第二部 闇斎学派の地域展開と『家礼』実践―尾張と上総を中心に
 第四章 尾張藩の学問所と『家礼』―蟹養斎による喪祭礼実践の教導
   一、緒言
   二、要求される喪祭礼実践―巾下学問所と『居家大事記』
   三、火葬批判の論法―檀那寺との共存
   四、「淫祀」批判の論法―「正祀」としての祖先祭祀とその効用
   五、小結
 第五章 寺請・寺檀体制下の『家礼』実践―中村習斎と尾張崎門派
   一、緒言
   二、巾下学問所以後の尾張と習斎
   三、『喪礼俗儀』の喪礼実践論
   四、尾張崎門派における喪礼実践の様相
   五、小結
 第六章 「反徂徠」と『家礼』実践―稲葉黙斎と上総道学
   一、緒言
   二、「反徂徠」と「修己」
   三、実践のための儒仏併用
   四、「孝」と〈儒者意識〉
   五、小結

 終 章
   一、本書の成果
   二、「東アジア思想史」のための試論的枠組


あとがき
索 引
プロフィール

松川雅信(まつかわ・まさのぶ)
1989年、大阪府大阪狭山市生まれ。立命館大学文学部卒業。立命館大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。タイ・チェンマイ大学人文学部常任講師、立命館大学授業担当講師、大阪国際大学非常勤講師等を経て、現在、日本学術振興会特別研究員(PD)。
専門は、日本思想史、日本近世史。
主要論文に、「近世儒者の神代巻批判と「神道」「上古」―鈴木貞斎に即して」(山下久夫・斎藤英喜編『日本書紀1300年史を問う』思文閣出版、2020年)、「近世日本の儒教儀礼と儒者―「東アジア思想史」のための試論的考察」(桂島宣弘ほか編『東アジア 遭遇する知と日本―トランスナショナルな思想史の試み』文理閣、2019年)、「稲葉黙斎の喪礼実践論―徂徠学批判・仏教認識に注目して」〔第1回日本経済思想史学会賞受賞〕(『日本思想史学』50号、2018年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

フーバー大統領が明かす 日米戦争の真実

加瀬英明 編著/藤井厳喜・稲村公望・茂木弘道 共著
定価:880円
(本体 800円)
老年こそ創造の時代

老年こそ創造の時代

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート