アジア遊学別冊2
ボッカイシトニホンコダイブンガク

渤海使と日本古代文学

田中隆昭 監修
ISBN 978-4-585-10402-5 Cコード 1022
刊行年月 2003年10月 判型・製本 A5判・並製 151 頁
キーワード

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

 品切 
目次
渤海使と日本古代文学
―『宇津保物語』と『源氏物語』を中心に―●田中隆昭

『源氏物語』夕霧と藤典侍の恋●菊地真

平安時代文学における「才」
―『源氏物語』と平安朝漢文学を中心に―●佐伯雅子

藤原良経の文事に関する考察
―『南海漁夫北山樵客百番歌合』序・跋の検討●石川一

奈良末・平安初期の仏典注釈書の方法
―『成唯識論述記序釈』と『肇論』『肇論疏』及び『文選』李善注―●河野貴美子

『南天竺婆羅門僧正碑并序』の構成
―「序」と「賛」の対応から―●藏中しのぶ

源氏物語の書物史
―梅枝巻の御草子づくりを中心に―●上野英子

院政期和漢兼作家の和歌
―在良と資隆―●加畠吉春

和名類聚抄』所引『辨色立成』『楊氏漢語抄』考
―奈良時代初期の漢語受容の諸問題―●藏中進

藤原家隆の『六百番歌合』における「上陽白髪人」の摂取について●川野良

『倭名類聚抄』と『藝文類聚』について●林忠鵬

『大鏡』結末部の菩提講中断●中島俊博

十三世紀の関東における漢籍享受の一側面
―『異本紫明抄』に引用された「長恨歌伝」本文の検討から―●門澤功成

末摘花とその叔母の「大弐の北の方」
―末摘花とその叔母「大弐の北の方」を中心に―●金孝淑

「院無題五十首」に見る良経の詠歌姿勢の一側面
―同一句内の体言反復を焦点として―●内野静香

西行の「身」と「心」の表現●橋本美香

芥川龍之介小説『杜子春』について●林嵐

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート