ゲンジモノガタリガカタルコダイシ

源氏物語が語る古代史

交差する日本書紀と源氏物語
倉西裕子 著
ISBN 978-4-585-22015-2 Cコード 0021
刊行年月 2011年6月 判型・製本 A5判・上製 256 頁
キーワード 古典,日本史,古代,中古

定価:3,960円
(本体 3,600円) ポイント:108pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

「いずれの御時…」は、いつの時代?

『源氏物語』の歴史的舞台を特定するに留まらず、「倭の五王」の問題など未解明な研究課題が山積する謎多き古代史の実像を明らかにする。桐壺帝、光源氏、桐壺の更衣、藤壺宮、弘徽殿女御などといった主要登場人物のモデルたちは、五世紀においてこそ、複雑に歴史を展開させていた。

卓抜の推論を展開して古代史の謎を解く!

 

 

目次
プロローグ―『源氏物語』は五世紀史を描いている

第一章 光源氏の持つ二つの運命―「祭祀王」と「執政王」の時代
  第一節 光源氏の持つ二つの運命とは
  第二節 天の下助くる方―『源氏物語』から解ける「倭の五王の時代」
  第三節 「執政王」の起源
  第四節 もう一人の「たすく」倭王「済」
  【幕末の「たすく」】

第二章 嫉妬とスキャンダルの世紀
  第一節 嫉妬の五世紀史―桐壺帝のモデルは誰か
  第二節 美男・美女の五世紀史
  第三節 桐壺の更衣の悲劇―青銅と鉄の争い

第三章 鏡に映った五世紀史―隅田八幡宮所蔵明鏡銘文から読み解く五世紀
  第一節 歴史的事件を記録した鏡
  第二節 「男弟王」は允恭天皇
  第三節 「斯麻」は誰か
  第四節 「日十大王」は仁徳天皇
  第五節 隅田八幡宮所蔵明鏡銘文によってもたらされた政局の一変
  【藤原道長の思惑から生じた紫式部の宮仕え】

第四章 光源氏の栄達から読み解く五世紀史―兄弟の争いの世紀
  第一節 雄略天皇出生の謎―光に包まれて出生した雄略天皇
  第二節 謎の倭王「興」
  第三節 光源氏と朱雀帝の皇位継承争い―木梨軽皇子と安康天皇
  第四節 五世紀の祭政一致問題

第五章 五世紀末の皇統の混乱と統合への道―『源氏物語』の本当のテーマ
  第一節 冷泉帝は清寧天皇
  第二節 五世紀末の皇統の混乱
  第三節 「玉蔓十帖」の謎―日向の謎

エピローグ―『源氏物語』は日本国誕生の歴史を描いている

あとがき

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
「本読み」の民俗誌

「本読み」の民俗誌

川島秀一 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
スイス使節団が見た幕末の日本

スイス使節団が見た幕末の日本

横浜市ふるさと歴史財団・ブレンワルド日記研究会 編
定価:10,780円
(本体 9,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート