センソウトトショカン

戦争と図書館

英国近代日本語コレクションの歴史
小山騰 著
ISBN 978-4-585-20066-6 Cコード 1000
刊行年月 2018年11月 判型・製本 四六判・上製 304 頁
キーワード アーカイブズ,図書館,文化史,近現代

定価:4,180円
(本体 3,800円) ポイント:114pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
英国の近代日本語コレクションに残る戦争の影

第二次世界大戦で戦火を交えた英国と日本。その不幸な出来事の結果として英国の近代日本語コレクションは戦後急速に成長し、英国図書館、ロンドン大学東洋アフリカ学院図書館、ケンブリッジ大学図書館そしてオックスフォード大学ボードリアン日本研究図書館が所蔵する四大日本語コレクションが築かれることとなる。
敵国語としての日本語教育や敵国財産として接収された日本語書籍などの遺産によって支えられたその発展を、戦争とのかかわりから読み解く。

 

 

目次
序章 英国の日本語コレクション
第一章 『日英必戦論』とその英訳本『Japan Must Fight Britain』
第二章 ベッドフォード日本語学校と東洋アフリカ学院
第三章 ベルリン日本大使館の図書館資料を追跡する
第四章 接収された日本語書籍の行方と東洋アフリカ学院
第五章 接収資料―ケンブリッジ大学とダラム大学の場合
終章 スカーブラ交付金による大発展
あとがき
参考文献
索引
プロフィール

小山騰(こやま・のぼる)
1948年愛知県生まれ。成城大学文芸学部卒業。慶応大学大学院修士課程(日本史)修了。国会図書館勤務などを経て、1985年から2015年までケンブリッジ大学図書館日本部長。
主な編著書に、『国際結婚第一号―明治人たちの雑婚事始』(講談社、1995年)、『破天荒明治留学生列伝―大英帝国に学んだ人々』(講談社、1999年)、『ケンブリッジ大学秘蔵明治古写真―マーケーザ号の日本旅行』(平凡社、2005年)、『日本の刺青と英国王室―明治期から第一次世界大戦まで』(藤原書店、2010年)、『ロンドン日本人村を作った男―謎の興行師タナカー・ブヒクロサン 1839-94』(藤原書店、2015年)、『ケンブリッジ大学図書館所蔵アーネスト・サトウ関連蔵書目錄』(ゆまに書房、2016年)、『ケンブリッジ大学図書館と近代日本研究の歩み』(勉誠出版、2017年)などがある。

書評・関連書等

・「日本経済新聞」(2019年1月12日)にて、本書の書評が掲載されました。
・「東京新聞(中日新聞)」(2019年2月10日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:武田珂代子(立教大学))
・「図書新聞」(2019年4月13日)にて、本書の書評が掲載されました。(評者:常盤智子(白百合女子大学))

★広告情報
「朝日新聞」(2018年11月17日)に全5段広告を掲載しました。
「産経新聞」(2018年11月26日)に5段1/2広告を掲載しました。
「朝日新聞」(2018年12月8日)に5段1/2広告を掲載しました。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート