メイジショウカノタンジョウ オンデマンドバン

明治唱歌の誕生(オンデマンド版)

中山エイ子 著
ISBN 978-4-585-82010-9 Cコード 3020
刊行年月 2022年10月 判型・製本 A5判・並製 470 頁
キーワード 文化史,詩歌,日本史,明治,近代

定価:8,800円
(本体 8,000円) ポイント:240pt

数量 :
remove add
*本書のご購入をご希望の方へ
品切表示が出ております場合、お手数ではございますが、「info@bensei.jp」宛までご連絡ください。
書籍の詳細
「明治唱歌」から、祖国愛に根ざしていた力強く明るい明治の精神を発見する

当時の読本・修身書を始め、『明倫歌集』、博文館の『幼年雑誌』を繙き、唱歌つくりへの意気込みを汲みとる。特に文部省の『尋常小額読本』(明治20年)を取り上げ、この読本中に多く掲載された「唱歌」および、森有礼・伊沢修二の教育思想の関係を明らかにする。そこには国難に立ち向かう凄まじい明治の気迫が満ちている。読本中に「明治頌」、明治の信念を発見する。


*『明治唱歌の誕生』(ISBN:978-4-585-22010-7)(2011年1月刊行)のオンデマンド版となります。

 

 

目次
まえがき
一・「保育唱歌」の古歌と豊田芙雄
二・初期の軍歌と「楠公」の歌
三・落合直文の楠公唱歌
四・『尋常小学校読本』中の唱歌
五・明治時代の読本唱歌集
六・『幼年雑誌』と佐佐木信綱
七・祝日大祭日の唱歌
八・イソップ唱歌(一)「兎と亀」
九・イソップ唱歌(二)「蟻とキリギリス」
十・昔話唱歌出現の要因
あとがき
初出一覧
索引

おすすめ

  [詳細]
呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

瀧朝子 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
日本中世の課税制度

日本中世の課税制度

志賀節子・三枝暁子 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート