チュウゴクノトシノレキシテキキオク

中国の都市の歴史的記憶

一九世紀後半~二〇世紀前半の日本語表象
和田博文・王志松・高潔 編
ISBN 978-4-585-32021-0 Cコード 3020
刊行年月 2022年9月 判型・製本 A5判・上製 384 頁
キーワード 中国,東アジア,世界史,日本史,昭和,大正,明治,近代

定価:7,700円
(本体 7,000円) ポイント:210pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
日本人の足跡・記憶が映し出す新たな歴史像

近代日本の中国体験の研究はこれまで、戦争(上海事変・日中戦争)や事件、特定の都市(上海・大連)などを切り口として行われてきた。しかし中国の主要都市には、日本人が継続的に在住し、また仕事や観光で訪れている。それらの人々が執筆した、書籍や雑誌掲載記事は数多く存在する。
19世紀後半から20世紀前半にかけて、日本人は中国の都市やエリアでどのような異文化体験を積み重ね、自己や他者と向き合ってきたのか。
日中共同研究により、日本語表象に映し出された中国の都市を多角的に検討し、近代日本の中国体験の全体像を浮き彫りにする。

 

 

目次
はじめに 和田博文

Ⅰ 日本近代の中国イメージの形成
 日本人の中国都市体験 1894-1945 和田博文
 座談会 中国の都市の記憶 和田博文・李征・王志松・高潔

Ⅱ 日本語のレンズが捉えた中国北部
 日本語表象と「北支」の地政学 王志松
 旅順―帝国の〈聖地〉 木田隆文
 大連―内側から捉えられた植民地都市の諸相 単援朝
 長春(新京)―満鉄調査部事件と石堂清倫 竹内栄美子
 ハルビン―「遠東のモスクワ」 祝然
 天津―谷崎潤一郎、芥川龍之介の「支那趣味」と天津旅行 李煒
 北京―歴史の証言者としての街 島村輝
 青島―翻訳都市、須賀敦子の青島 山﨑眞紀子

Ⅲ 日本語のレンズが捉えた中国中部
 日本語表象と「中支」の地政学 横路啓子
 上海―俳句に謳われた異文化 和田桂子
 蘇州―「楓橋夜泊」を底流とした詩・水・夜の都市表象 楊柳岸
 杭州―ミステリーとロマンスと 五味渕典嗣
 南京―近代旅行記に見えた南京城 梅定娥
 武漢―内田佐和吉がいた漢口租界 藥師寺美穂
 重慶―重慶旅行記における都市風景と歴史記憶 楊偉

Ⅳ 日本語のレンズが捉えた中国南部
 日本語表象と「南支」の地政学 高潔
 厦門―はてしない路地の町 河野龍也
 香港―東洋と西洋の交差する場所 大原祐治
 広州―真杉静枝の広州訪問とその叙述の表裏 鄒双双

主要参考文献
日本人の中国都市体験 関連年表(一八九四~一九四五)(和田博文編)
あとがき
執筆者紹介
人名索引
プロフィール

和田博文(わだ・ひろふみ)
東京女子大学比較文化研究所長・丸山眞男記念比較思想研究センター長、東洋大学名誉教授。専門は文化史・比較文化・日本近現代文学。
著書に『シベリア鉄道紀行史―アジアとヨーロッパを結ぶ旅』(筑摩選書、2013年、交通図書賞)、『〈異郷〉としての大連・上海・台北』(編著、勉誠出版、2015年)、『海の上の世界地図―欧州航路紀行史』(岩波書店、2016年)、『〈異郷〉としての日本―東アジアの留学生がみた近代』(共編、勉誠出版、2017年)、『三越誕生!―帝国のデパートと近代化の夢』(筑摩選書、2020年)などがある。

王 志松(おう・ししょう)
中国北京師範大学外国言語文学学院日文系。専門は日本現代文学・中日比較文学。
著書に『小説翻訳与文化建構―以中日比較文学研究為視角』(清華大学出版社、2011年)、論文に「1980年代における中国の日本文学翻訳―季刊誌『日本文学』を中心として」(『跨境―日本語文学研究』2020年11号)、「成島柳北与《花月新志》―日本近代文学的漢詩文脈絡」(『日語学習与研究』2021年4期)などがある。

高 潔(こう・けつ)
中国上海外国語大学日本文化経済学院教授。専門は日本近代文学、中日比較文学。
著書に『「疾首蹙額」の旅行者:芥川龍之介の中国行とその『支那遊記』』(華東理工大学出版社、2010年)、論文に「佐藤春夫「女誡扇綺譚」における台湾」(『外国文学評論』2013年第1期)、「木下杢太郎「崑崙山」試論」(『東アジア日本語・日本文化研究』第21集、2015年12月)、「谷崎潤一郎文学のアンチオリエンタリズム的読み:「蘇州紀行」「秦淮の夜」「西湖の月」を中心に」(『日本語学習と研究』2018年第3期)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
調べ物に役立つ 図書館のデータベース

調べ物に役立つ 図書館のデータベース

小曽川真貴 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
カルナとアルジュナ

カルナとアルジュナ

川尻道哉 著
定価:2,640円
(本体 2,400円)
坂口安吾大事典

坂口安吾大事典

安藤宏・大原祐治・十重田裕一 編集代表
定価:15,400円
(本体 14,000円)
国葬の成立

国葬の成立

宮間純一 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート