アジア遊学49
イスタンブル

イスタンブル

宗教と民族が交錯する国際都市
編集部 編
ISBN 978-4-585-10300-4 Cコード 1022
刊行年月 2003年3月 判型・製本 A5判・並製 176 頁
キーワード

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

 品切 
目次
宗教と民族が交錯する国際都市 坂本勉
◎――内なるネットワーク
ギリシャ正教徒にとってのコンスタンティノープル 大月康弘
イベリア半島から移住したユダヤ教徒たち 宮武志郎
イスタンブルのアルメニア商人 坂本勉
イスタンブルとクルド人 山口昭彦
◎ ――外なるネットワーク
あるフランス人通訳にとってのイスタンブル 黒木英充
イスタンブルに接近したドイツ人 野中恵子
ペラ・パラス物語 松井真子
日本人のイスタンブル体験 長場紘
新疆からイスタンブルに新天地を求めたカザフ人 松長昭
◎――イスラームとナショナリズム
イスタンブルのメドレセ学生たち 松尾有里子
イスタンブルから見た近代イスラーム改革思想 粕谷元
イスタンブルのアルバニア人 石丸由美
トルコ・ナショナリストの敵 イスタンブル 新井政美
イスタンブル略年表 長場紘

◎ ブックレポート
陰陽道研究、新たなる一歩 水口幹記

◎連載
 わたしの北京 最終回
  明治前期の長城紀行 森田憲司 
 日本近代文学のアジア 第三回
  「国を奪った側の甘え」 島村輝 
 本朝文粋抄 第七回
  学生藤原有章の讃 後藤昭雄 
 聖徳太子信仰と東アジア 最終回
  隠者の脱穀 藤井由紀子 

おすすめ

  [詳細]
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

呉越国 10世紀東アジアに華開いた文化国家

瀧朝子 編
定価:3,520円
(本体 3,200円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート