白居易研究年報5
ハクキョイケンキュウネンポウダイゴゴウ

白居易研究年報 第五号

太田次男ほか 編
ISBN 978-4-585-04058-3 Cコード
刊行年月 2004年8月 判型・製本 A5判・並製 312 頁
キーワード

定価:5,280円
(本体 4,800円) ポイント:144pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

わが国に大きな影響を及ぼした白居易に関する研究は,現在においても中文・国文・比較文学を中心に広い分野で毎年多くの研究論文が作成されている。
年1回発行されている好評研究誌の第5号。

 

 

目次
白氏新楽府序について
―旧鈔本・刊本の本文よりみて―/太田次男

「招客」の詩―白居易詩の表現―/澤崎久和

胸前の雪
―白詩における女性美表現管窺―/橘 英範

白詩における生理的感覚に基づく充足感の詠出
―「伸びをする」「頭を掻く」表現を中心に―/中木 愛

「妾換馬」考/丸山 茂

討論の広場:白楽天のユーモア/林中明

討論の広場:下定氏の「白詩は杜詩の口語をどのようにとりいれたか?」への手紙/衣川賢次

白氏文集校注(三篇)/謝思●

島田忠臣の納涼詩における白詩受容
―「夏日納涼」を中心に―/岩井宏子

『古今集』の歳除歌と『白氏文集』/北山円正

資料紹介:金剛寺蔵『文集抄』の影印・翻刻−賦二首−/後藤昭雄

資料紹介:[江戸後期]刊 [伝]小野道風墨跡本/神鷹徳治・山口謡司

書評:佐藤恒雄『藤原定家研究』/赤羽 淑

日本における白居易の研究−二○○二年−/下定雅弘

編集後記/丸山 茂

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
挑発する軍記

挑発する軍記

大津雄一 著
定価:4,180円
(本体 3,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート