シンリントケンリョクノヒカクシ

森林と権力の比較史

松沢裕作 編
ISBN 978-4-585-22234-7 Cコード 3020
刊行年月 2019年2月 判型・製本 A5判・上製 312 頁
キーワード 世界史,日本史

定価:7,700円
(本体 7,000円) ポイント:210pt

数量 :
remove add
書籍の詳細

統治と利用―
権利を規定するシステムを探る


近代化の過程で、森林という空間の統治・利用をめぐって、人間と人間との関係はいかに調整・構築されたのか。
ドイツ、中国、日本、仏領インドシナそれぞれの歴史的社会における統治権力の形態とそれに規定される諸権利の分配のあり方に着目。
それらを相互に比較することにより、権利を支えるシステムが成立する歴史的・社会的プロセスを把捉する。

 

 

目次
序章 なぜ森林と権力か 松沢裕作

第Ⅰ部 直営する権力・奨励する権力
第一章 近世・近代ブランデンブルク=プロイセンにおける御領林経営―権力による直営と領民の利用権 飯田恭
第二章 清朝~中華民国期における植林の奨励と民衆の林野利用 相原佳之

第Ⅱ部 日本の経験―近世から近代へ
第三章 近世・近代日本の林野制度 松沢裕作
第四章 明治初年の林政と地元住民による官林利用―信濃国諏訪郡旧高島藩領を事例に 坂本達彦
第五章 明治前期の県庁と森林・原野―福島県の場合を中心に 松沢裕作
第六章 近代日本の国有林野制度の定着過程と地域社会―福島県東白川郡鮫川村の事例 青木健

第Ⅲ部 競合する権力・遊離する権力
第七章 中・近世のニュルンベルク帝国森林と政治諸権力―帝国都市とブランデンブルク辺境伯の対立構造を軸に 渡邉裕一
第八章 仏領インドシナにおける植民地支配と森林 難波ちづる

終章 森林利用における統治と権利の諸形態 松沢裕作

あとがき
執筆者一覧
プロフィール

松沢裕作(まつざわ・ゆうさく)
1976年生まれ。慶應義塾大学経済学部准教授。専門は日本近代史。
著書に『明治地方自治体制の起源』(東京大学出版会、2009年)、『自由民権運動』(岩波書店、2016年)、論文に「官有地・御料地と無断開墾問題」(『三田学会雑誌』109-1、2016年)などがある。

その他

★書評
「時報しゃりんけん」
(歴史と環境を考えるための10冊)にて書評が掲載されました。
 →評者:斎藤修(一橋大学名誉教授)

★広告情報
「朝日新聞」(2019年3月23日)にサンヤツ広告を掲載しました。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
誰も語らなかった フェルメールと日本

誰も語らなかった フェルメールと日本

田中英道 著
定価:1,650円
(本体 1,500円)
少年写真家の見た明治日本

少年写真家の見た明治日本

宮田奈奈/ペーター・パンツァー 編
定価:7,150円
(本体 6,500円)
犬からみた人類史

犬からみた人類史

大石高典・近藤祉秋・池田光穂 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
成功していた日本の原爆実験

成功していた日本の原爆実験

ロバート・ウィルコックス 著/矢野義昭 訳
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート