セッキ テンノウ サブカルチャー

石器・天皇・サブカルチャー

考古学が解く日本人の現実
竹岡俊樹 著
ISBN 978-4-585-22085-5 Cコード 0021
刊行年月 2014年5月 判型・製本 四六判・上製 304 頁
キーワード 社会学,古代,近現代

定価:3,300円
(本体 3,000円) ポイント:90pt

 品切 
書籍の詳細

考古学、日本史学、民俗学、言語学、先史学、人類学を総合し、「人類史学」を構築。
人類・人間観を定点として、日本の古代から現代までの文化を分析。私たちが直面する問題を解くメタ学問を提示する。

①先史学・考古学から、人類と人間の成立の過程について述べる。それによって私たちの特徴が明らかになる。これが本書の定点である。
②①を基礎として、民俗学と日本史学の資料を用いて、古代から近世の象徴的な世界を明らかにする。
③②を用いて、古代から現在まで続く天皇という存在を解く。
④戦後、経済の発展に伴って現れた、感性によって作られた世界(かわいい文化、幻のヨーロッパなど)を明らかにする。
⑤同じ時代に現れ、日本社会を殲滅しようとしたオウム真理教を分析する。

 

 

目次
目 次
はじめに
第一章 人類と人間はどのようにして形成されたのか
第二章 世界の枠組み―位相について
第三章 イメージの世界―往生要集
第四章 穢と救済
第五章 神の位相
第六章 天皇の世界
第七章 そして、現代の日本
第八章 もう一つの現実―オウム真理教事件
あとがき
プロフィール

竹岡俊樹(たけおか・としき)
1950年京都府生まれ。明治大学史学地理学科卒業、東京教育大学日本史学科修士課程卒業、筑波大学歴史人類学研究科博士課程単位取得退学、パリ第6大学(ピエールとマリーキューリー大学)第4紀地質学博士課程修了。パリ第6大学博士。
現職は共立女子大学非常勤講師。

おすすめ

  [詳細]
ロマノフ王朝時代の日露交流

ロマノフ王朝時代の日露交流

東洋文庫・生田美智子 監修/牧野元紀 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
文化情報学事典

文化情報学事典

村上征勝 監修/金明哲・小木曽智信・中園聡・矢野桂司・赤間亮・阪田真己子・宝珍輝尚・芳沢光雄・渡辺美智子・足立浩平 編
定価:19,800円
(本体 18,000円)
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート