メディアノナカノブッキョウ

メディアのなかの仏教

近現代の仏教的人間像
森覚 編
ISBN 978-4-585-21054-2 Cコード 3015
刊行年月 2020年5月 判型・製本 A5判・上製 352 頁
キーワード 出版,文化史,仏教

定価:8,250円
(本体 7,500円) ポイント:225pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
メディアと表象が織りなす宗教文化

近現代のメディアをめぐる一大転換は、宗教という領域の創作行為、情報共有、知識の扱い方へも大きな変化を生じさせた。
メディアが生成した宗教表象を受容することで、人々は、どのような仏教文化を生み出したのか。
社会的に生み出された文化的所産である仏教的人物像の性質と機能を明らかにし、仏教文化に見られるメディア表現の創造と受容の実態へ迫る。

 

 

目次
巻頭言 森覚

序 論 創りかえられる仏教的人間像―宗教表象の創出と再生産 森覚
第一章 仏教絵本『こどものくに別冊 おしゃかさま』にみるブッダのイメージ 森覚
第二章 新聞小説と親鸞―石丸梧平の人間親鸞像 大澤絢子
第三章 高橋五山と仏教紙芝居―勢至丸様を中心に 髙橋洋子
第四章 近現代ドイツにおけるブッダのイメージ―ヘルマン・ベック、フリードリヒ・ハイラー、カール・ヤスパース 嶋田毅寛
第五章 明治期の文学における仏教的表象の萌芽―露伴作品を視座として 渡辺賢治
第六章 変容する妙好人像 渡辺隆明
第七章 「風景」から「即身」へ―「空海」を、今、体感す 猪股清郎
第八章 一九六〇年代の大衆文化に見る非合理への欲望―「飢餓海峡」「恐山の女」の中の〈恐山〉と〈イタコ〉 大道晴香
第九章 現代消費社会における「ブッダ」像―手塚治虫『ブッダ』から中村光『聖☆おにいさん』への転生 今井秀和

あとがき―仏教文化におけるメディア研究会の活動をふりかえる 森覚

初出一覧
執筆者一覧
プロフィール

森覚(もり・かく)
1975年生まれ。大正大学大学院文学研究科比較文化専攻博士後期課程修了。博士(文学)。大正大学非常勤講師、仏教文化におけるメディア研究会会長、仏教文化資源研究会会長。専門は絵本学、表象文化論、比較芸術論。
著書に『絵本の事典』(共著、朝倉書店、2011年)、『時空を超える生命〈いのち〉の意味を問いなおす』(共著、勉誠出版、2013年)、「ポストモダン絵本リスト」(『美育文化』2013年11月号、雑誌・美育文化協会)、『絵本ものがたりFIND』(共著、朝倉書店、2016年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

100人の作家で知る ラテンアメリカ文学ガイドブック

寺尾隆吉 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
同性愛文学の系譜

同性愛文学の系譜

伊藤氏貴 著
定価:3,080円
(本体 2,800円)
老年こそ創造の時代

老年こそ創造の時代

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート