ヘイセイノオオミヨ リョウヘイカ エイエンノニジュウショウ

平成の大御代 両陛下 永遠の二重唱

竹本忠雄 著
ISBN 978-4-585-23080-9 Cコード 0036
刊行年月 2020年7月 判型・製本 四六判・上製 200 頁
キーワード 文化史,日本史,近現代

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
天皇の御製は、天地をつらぬく一条の滝。
美智子さまの御歌で水は流れはじめる・・・

両陛下の祈りをこめた御歌の崇高な調べは国の行く手を照らし出す東西文明の深層を知悉する碩学が霊妙なる御歌のこころを開示する!
御歌の年表「幽顕譜―昭和から平成へ」を付す。


【本書の特色】
被災地や戦跡をまわった折々に詠まれた御製と御歌。
二首をあわせて読むことで見えてくる両陛下の秘められた思いを歴史的背景を踏まえて読み解く。

 

 

目次
序 言

Ⅰ 平成の大御代
両陛下 永遠の二重唱

Ⅱ 古希御歳華を寿ぎて
皇后陛下に謹み奉る

Ⅲ 霊性と歴史のはざま

Ⅳ 渡部昇一氏との対話
美智子さまの御歌をめぐって

[付録] 幽顕譜 昭和から平成へ

初出誌一覧
プロフィール

竹本忠雄(たけもと・ただお)
日仏両語での文芸評論家、講演家。筑波大学名誉教授、コレージュ・ド・フランス元招聘教授。
東西文明間の深層の対話を基軸に、多年、アンドレ・マルローの研究者・側近として『ゴヤ論』『反回想録』などの翻訳、『マルローとの対話』などを出版、かたわら、日本文化防衛戦を提唱して欧米での反「反日」活動に従事(日英バイリンガル『再審「南京大虐殺」等」、その途上で皇后陛下美智子さまの高雅なる御歌に開眼してその仏訳御撰歌集をパリで刊行、大いなる感動を喚起して、対立をこえた大和心の発露の使命を再確認する。
令和元年11月、87歳で仏文著書『宮本武蔵超越のもののふ』(日本語版、勉誠出版より近刊)を機にパリに招かれて記念講演を行い、新型コロナウィルス流行直前に帰国、現在、自伝的長編作品を出版準備中。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
ニコラエフスクの日本人虐殺

ニコラエフスクの日本人虐殺

アナトーリー・グートマン 著/長勢了治 訳
定価:4,180円
(本体 3,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート