パリ ノートルダムダイセイドウノデントウトサイセイ

パリ・ノートル=ダム大聖堂の伝統と再生

歴史・信仰・空間から考える
坂野正則 編
ISBN 978-4-585-31000-6 Cコード 3014
刊行年月 2021年3月 判型・製本 A5判・上製 288 頁
キーワード 文化史,キリスト教,宗教,西洋,世界史

定価:8,800円
(本体 8,000円) ポイント:240pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
文化財を伝え、守る―

2019年4月15日に発生したパリ・ノートル=ダム大司教座聖堂の大規模な火災。尖塔や屋根が燃え落ちる姿は、SNSをはじめとする各種メディアを通じて世界中の人々に大きな衝撃をもたらした。
850年の歴史をもつこの大聖堂は初期ゴシック建築の傑作であると同時に、中世以降も、様々な統治権力との結びつきを保ちながらフランスの「国民的記憶」の一翼を担い続けてきた。
重要な文化財、そして、宗教施設である大聖堂を空間的・社会的・精神的に「再生」させるためにはどのような方法がふさわしいのか。

複数の年代にまたがる絵画作品、図面、大聖堂の写真といった豊富なビジュアル資料とともに、キリスト教神学・建築史学・西洋史学・文化財学による領域横断的なアプローチにより、「ノートル=ダム大聖堂」の歴史、その復興・再生を考察する。

 

 

目次
カラー口絵
序 章 歴史遺産と信仰空間としてのパリ・ノートル=ダム大聖堂の再建   坂野正則
特別寄稿 ノートル=ダムの火災のあとで  クリスチャンヌ・ウルティック(原敬子訳)

第1章 ゴシック時代の教会建築を巡る神学的理解―聖書解釈との関連から 坂田奈々絵
COLUMN 神に会いに行く、みんなの家 原敬子

第2章 中世における都市パリと大聖堂―シテ島東側の空間形成を中心に 嵩井里恵子

第3章 大司教座聖堂としてのパリ・ノートル=ダム大聖堂の成立―近世空間における権力と聖性 坂野正則

第4章 パリ・ノートル=ダム大聖堂の近世におけるリノベーション 中島智章
COLUMN パリのノートル=ダム大聖堂火災と再建案をめぐって 中島智章

第5章 ノートル=ダム大聖堂とヴィオレ=ル=デュクの木造尖塔 加藤耕一

第6章 近現代ヨーロッパにおけるゴシック様式大聖堂の社会史 松嶌明男

編集を終えて 坂野正則
執筆者一覧
プロフィール

坂野正則(さかの・まさのり)
上智大学文学部史学科教授。専門は西洋史学、フランス近世史。
主な共著に「17世紀におけるパリ外国宣教会とフランス東インド会社」(川分圭子・玉木俊明編著『商業と異文化の接触―中世後期から近代におけるヨーロッパ国際商業の生成と展開』吉田書店、2017年)、「近世王国の社会と宗教」(平野千果子編著『新しく学ぶフランス史』ミネルヴァ書房、2019年)、「絵画から読み解くフランス宗教戦争」(上智大学文学部史学科編『歴史家の調弦』上智大学出版、2019年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
明治の一発屋芸人たち

明治の一発屋芸人たち

永嶺重敏 著
定価:3,850円
(本体 3,500円)
司書のお仕事2

司書のお仕事2

大橋崇行 著/小曽川真貴 監修
定価:1,980円
(本体 1,800円)
江戸川乱歩大事典

江戸川乱歩大事典

落合教幸・阪本博志・藤井淑禎・渡辺憲司 編
定価:13,200円
(本体 12,000円)
鷹狩の日本史

鷹狩の日本史

福田千鶴・武井弘一 編
定価:4,180円
(本体 3,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート