アジア遊学66
シマウタノミリョク

島唄の魅力

編集部 編
ISBN 978-4-585-10317-2 Cコード 1073
刊行年月 2004年8月 判型・製本 A5判・並製 208 頁
キーワード

定価:1,980円
(本体 1,800円) ポイント:54pt

 品切 
書籍の詳細

沖縄・奄美の生活の中に息づく音楽の魅力を知る。

 

 

目次
序言 島唄とフィールドワーク/山本宏子
三弦・三線・三味線/山本宏子
三線と人々の絆/大城 學
沖縄ポップのあしあと/久万田晋
エイサーについて/小林公江・小林幸男
海を渡る沖縄の歌と踊り/寺内直子
あなたと私を結ぶ歌
  ―奄美大島南部嘉鉄集落におけるフィールドワークから―/島添貴美子
おきなわ・あまみのわらべうた/赤羽由規子

◎コラム
「オキナワの少女」というアイドルたち
  ―安室奈美恵と汎アジア的身体―/本浜秀彦
シマ唄から島唄へ/築地俊造
異文化からみた奄美の島唄/山本宏子

◎私の一曲
とぅばらーま/大工哲弘
浜千鳥/大島保克
むちゃ加那節/RIKKI

◎ブックレポート
中国知識人の悲歌

◎連載
渤海関連詩を読む/山谷紀子

保安族を訪ねて
  ―老爺が語る保安族のいまとむかし―/佐藤暢治

異教徒集団の坩堝 現実のインドを知る
蚊の一匹さえも殺さぬジャイナ教徒たち/武藤友治

◎第65号補稿
文化大革命期大衆運動中の情報伝播
  ―権力と情報のメカニズム―/印紅標

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート