オオヤソウイチブンコカイタイシンショ

大宅壮一文庫解体新書

雑誌図書館の全貌とその研究活用
阪本博志 編
ISBN 978-4-585-30001-4 Cコード 1000
刊行年月 2021年5月 判型・製本 A5判・並製 300 頁
キーワード 近現代,日本史,社会学,文化史,出版,現代社会,アーカイブズ,総記

定価:3,850円
(本体 3,500円) ポイント:105pt

数量 :
remove add
この書籍は近日刊行予定です。この商品をご注文いただいた場合には刊行後の発送となります。実際の刊行時期は、予定と多少異なる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
書籍の詳細
大宅壮一文庫、開設50周年! 文庫の全てに迫る!

大宅壮一(1900-1970)が収集した膨大な雑誌のコレクションを基礎として設立された大宅壮一文庫。
2021年、開設から50年を迎える大宅壮一文庫について、概要から、その誕生の歴史、そして文庫を活用した研究の実践例まで、すべてを網羅した解説書。

*大宅壮一(1900-1970))とは…
日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家。
時代の風潮を見事に裁断する独特な社会評論や人物評論で、長くマスコミ界で活躍。明快な是々非々論で広く一般大衆の支持を得た。
また、「一億総白痴化」、「恐妻」、「口コミ」など、多数の造語を生んだ。


【本書の特色】
①「雑誌の図書館」大宅壮一文庫の概要、歴史、利用方法などを、詳細に解説。
②実際に大宅壮一文庫を利活用している執筆者陣が、文庫を利用することでどういったことが見えてくるかをまとめた論考を収録。

 

 

目次
カラー口絵
はじめに 大宅映子
本書の構成 阪本博志

第Ⅰ章 索引的思考―〈無思想人〉大宅壮一における知の技法 有馬学
コラム① ノーパン喫茶と大宅文庫―週刊誌がおしえてくれること、くれないこと 井上章一

第Ⅱ章 大宅壮一と大宅壮一文庫 阪本博志
(1)大宅壮一文庫の誕生
(2)大宅壮一文庫の発展
(3)大宅壮一文庫のこれから
コラム② 大宅文庫について思うこと 三鬼浩子

第Ⅲ章 雑誌の図書館 大宅壮一文庫―その所蔵資料と利用方法 鴨志田浩
(1)大宅壮一文庫の概要
(2)大宅壮一文庫の迷宮書庫
(3)大宅壮一文庫の出版物
(4)大宅壮一文庫の索引・検索システム
(5)大宅壮一文庫の資料閲覧と各種サービス
コラム③ 長持としての大宅文庫 永井良和

第Ⅳ章 大宅壮一文庫の活用(1) 横断的研究
雑誌アーカイブ・大宅壮一文庫―その現在と未来 前島志保
二一世紀における大宅文庫の可能性 鳥羽耕史
受験・教育雑誌と文学―大宅壮一文庫所蔵誌をきっかけとして 大原祐治
出版社系週刊誌の誕生―『週刊新潮』と文学との関わりを中心に 加藤邦彦
コラム④ 「心の時代」をどうやって可視化するか 牧野智和

第Ⅴ章 大宅壮一文庫の活用(2) テーマ研究
「大宅壮一文庫雑誌記事索引」にみる性風俗の歴史―「トルコ風呂」の元祖、「東京温泉」を例に 光石亜由美
寄せ場の表象―大衆雑誌にみる高度経済成長期の「山谷」 石川巧
話芸を書き残す―漫才作者秋田実と雑誌 後藤美緒
間テクスト的存在としての「スケバン」 難波功士
コラム⑤ 書物のない場所―戦後文学に描かれた「書物」 多田蔵人

あとがき 阪本博志
プロフィール

阪本博志(さかもと・ひろし)
帝京大学文学部社会学科教授。専門は社会学・メディア史・出版文化論。
主な著書に『『平凡』の時代―1950年代の大衆娯楽雑誌と若者たち』(昭和堂、2008年、第30回日本出版学会賞奨励賞・第18回橋本峰雄賞)、『大宅壮一の「戦後」』(人文書院、2019年)『江戸川乱歩大事典』(落合教幸・藤井淑禎・渡辺憲司との共編、勉誠出版、2021年)などがある。

関連商品

おすすめ

  [詳細]
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
「国譲り神話」の真実

「国譲り神話」の真実

田中英道 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート