アジア遊学268
アジアノシュッサントテクノロジー

アジアの出産とテクノロジー

リプロダクションの最前線
白井千晶 編著
ISBN 978-4-585-32514-7 Cコード 1330
刊行年月 2022年3月 判型・製本 A5判・並製 256 頁
キーワード 現代社会,社会学,民俗学,宗教,アジア,近現代

定価:3,080円
(本体 2,800円) ポイント:84pt

数量 :
remove add
書籍の詳細
産むこと・産まないことは誰が決めるのか?

現在、アジアの様々な地域の出産において、「生命を救うため」ではなく、「生命を選ぶため」に、生殖技術、出生前検査、人工妊娠中絶などのテクノロジーが用いられている。そして、代理出産や卵子提供といった生殖ツーリズムが巨大でグローバルなマーケットになっている。その問題点や課題は何か。
また、出産をめぐるシステム、マタニティ政策は、国・地域、法制度・宗教、歴史・文化によってどのような差異・共通点をもつのか。
テクノロジーの利用から産後の養生の現在まで、変容するアジアの出産の最前線を捉える。

 

 

目次
Ⅰ テクノロジ―出生前検査・生殖技術・人工妊娠中絶
アジアにおける出生前検査と障害観―ベトナム、ミャンマー、フィリピン調査から 白井千晶
生命リスク回避の「テクノロジー」と優生願望―中国・台湾の出生前検査を事例に 姚毅
[コラム]韓国における出生前検査 洪賢秀
アジアの不妊への対処と非血縁的親子関係―ベトナム、ミャンマー、フィリピンの第三者が関わる生殖医療と養子縁組に関するインタビューより 白井千晶
[コラム]宗教の違いは「自然」か?―インドにおける配偶子ドナーの選定 松尾瑞穂
[コラム]タイ人女性にとっての産むこと・産まないこと 嶋澤恭子
[コラム]家族計画の優等生―インドネシア 松岡悦子
南アジア地域における中絶と日常的倫理―法・生命観・実践 松尾瑞穂
[コラム]韓国社会における妊娠・出産をめぐる変化―堕胎罪の議論からのぞく 洪賢秀
[コラム]仏教国ブータンにおける人工妊娠中絶 幅崎麻紀子

Ⅱ マタニティ政策―母子保健・妊娠・出産・育児
出産環境を選ぶということ―日本 田間泰子
アジアの少子社会・日本と男性の産育参加 澤田佳世
ネパールにおけるリプロダクション政策と母性観の変容 幅崎麻紀子
[コラム]一人っ子政策終了後の中国 小浜正子
[コラム]台湾の助産師(士) 姚毅
インドネシアの三十年間のマタニティ政策をふりかえって―ドゥクンとビダンの一九八九年〜二〇一九年 松岡悦子
[コラム]韓国の出産と産後調理院 松岡悦子
[コラム]ラオスにおける産後女性の慣習―ユーファイを巡って 嶋澤恭子

おわりに―アジアにおける出生システム 白井千晶
プロフィール

白井千晶(しらい・ちあき)
静岡大学人文社会科学部教授。専門は家族社会学、医療社会学、リプロダクションの社会学。
主な著書に『フォスター―里親家庭・養子縁組家庭・ファミリーホームと社会的養育』(生活書院、2019年)、『産み育てと助産の歴史―近代化の200年をふり返る』(編著、医学書院、2016年)、『不妊を語る―19人のライフヒストリー』(海鳴社、2012年)などがある。

関連商品

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
古文書への招待

古文書への招待

日本古文書学会 編
定価:3,300円
(本体 3,000円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート