アジア遊学111
センソウトメディアソシテセイカツ

戦争とメディア、そして生活

編集部 編
ISBN 978-4-585-10362-2 Cコード 1320
刊行年月 2008年7月 判型・製本 A5判・並製 224 頁
キーワード

定価:2,200円
(本体 2,000円) ポイント:60pt

 品切 
書籍の詳細

戦時の人びとの生活に密着したモノを取り扱う新しいメディア研究
第1部では、従来のメディア研究で採り上げられなかったビラ・絵葉書、生活に密着した玩具・着物などをとりあげ、戦争とメディアやモノが人びとの生活にどう影響したか検証する。第2部ではモノを収蔵する博物館ごとに紹介する。

 

 

目次
総論 エフェメラル・メディアとしての戦時宣伝ビラ/土屋礼子
第一部概要/孫 安 石
戦争と伝単というメディア/一ノ瀬俊也
戦争プロパガンダ化計画/白山眞理
プロパガンダ・メディアとしての捕虜/小林聡明
絵はがきの世界史/細馬宏通
切手というメディアが含蓄するもの/内藤陽介
商業ポスターの見方、読み方、考え方/田島奈都子
着物柄にみる満洲―五色旗・地図・鉄道・溥儀/乾 淑子
日本人が蒐集した満洲玩具が伝えるもの/中尾徳仁
抗戦プロパガンダとしての広東語漫画/瀧下彩子
筆墨による抗戦/呉孟晋
第二部概要/貴志俊彦
台湾・映画資料館/三澤真美恵
函館市中央図書館/奥野進
逓信総合博物館/井村恵美
東洋文庫/篠崎陽子
江戸東京博物館/岩城紀子
印刷博物館/寺本美奈子
東京都写真美術館/金子隆一
日本カメラ博物館/白山眞理
日本新聞博物館/張宝芸
横浜開港資料館/伊藤泉美
新潟県立歴史博物館/田邊幹
京都国際マンガミュージアム/清水勲
高島屋史料館/広田元
祐生出会いの館/鎌田智子
長崎歴史文化博物館/平岡隆二
佐賀県立名護屋城博物館/浦川和也
北海道大学スラブ研究センター/兎内勇津流
東京大学大学院情報学環/山本拓司
京都大学東南アジア研究所図書室/北村由美
サントリーミュージアム[天保山]/冨田章

この商品をお求めのお客様はこんな商品もお求めです。

おすすめ

  [詳細]
日本の表装と修理

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子・中野慎之・森道彦・横内裕人 編
定価:7,700円
(本体 7,000円)
名将 山本五十六の絶望

名将 山本五十六の絶望

鈴木荘一 著
定価:990円
(本体 900円)
新しいナショナリズムの時代がやってきた!

新しいナショナリズムの時代がやってきた!

加瀬英明/ケント・ギルバート 著
定価:1,100円
(本体 1,000円)
日本の建国

日本の建国

安本美典 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート