モホウトソウゾウノダイナミズム

模倣と創造のダイナミズム

山田奨治 編
ISBN 978-4-585-04055-2 Cコード
刊行年月 2003年2月 判型・製本 A5判・上製 320 頁
キーワード

定価:3,850円
(本体 3,500円) ポイント:105pt

 品切 
書籍の詳細

 日本人は外国の模倣は上手だが独創性に乏しいと、明治の昔からいわれてきた。とくに、一九七〇年代ころからは、科学技術で立国するためにいかに独創性を育むかについての、国民的な関心が続いている。その一方で、独創にいたるまでのあいだに模倣が欠かせないことや、日本の文化では先人を模倣することが尊ばれてきたことも強調されてきた。
 すでに論じ尽くされているかのようにも思える日本の文化と模倣について、いまなぜ論議を重ねなければならないのだろうか。その大きな理由は、文化を経済的な富に変える原理である知的財産権をめぐる状況が激しく変化していることにある。デジタル技術や通信ネットワークの発達によって、サイバースペースと呼ばれる空間が生まれ、そこでの社会・経済活動の原理が、近代の私的所有権の原則を崩す力を持ってきた。それに対抗する方策の必要性が叫ばれており、本書が執筆された平成一四年は、「知的財産権(知財)元年」ともいわれている。
 知的財産権に限らず、近代の私的所有権はジョン・ロックの所有権論にその基礎を置いている。ロックの所有権論では、わたしの身体はわたしが所有していることは疑いのないもので、その身体が労働して生まれたものはわたしのものだという。わたしの労働によって生まれた芸術作品や発明はわたしのものだという知的財産権の発想も、ロックの所有権論そのものである。
 ところが、科学技術の進歩によって、ロック流の所有権論の基礎が揺らいできた。わたしが所有しているはずのわたしの身体を、わたしの意志で自由にできないことは、終末期の医療の現状をみれば明らかである。また、たとえば、インターネットで買い物をするときには、入力した住所や電話番号、クレジットカード情報という形でしかわたしは存在しない。サイバースペースでは、リアルな身体というものがなく、わたしの身体は符号化された情報のなかに溶けだしていて、身体なき身体が経済活動をしているといういいかたもできる。わたしの身体の所有から出発する私的所有権は、こういったところでも崩れつつあるのだ。
 このような時代の転換点を迎えて、そもそも何かを創造するというのは、どのような原理によってきたのか、知的財産権の強化は社会や文明にどのような効果をもたらすのか、ポスト近代の創造はいかなる形で守られていくべきなのかを本書では考察していきたい。

『序にかえて』より

 

 

目次
序にかえて
山田奨治(国際日本文化研究センター)

I 模倣の根元性
模倣が育てる創造の土壌
竹宮惠子(漫画家、京都精華大学)
なぞりとなぞらえ
尼ヶ崎彬(学習院女子大学)
模倣現象に内在する主体的情報処理
宇野隆夫(国際日本文化研究センター)
類似の臨界
稲賀繁美(国際日本文化研究センター)

II 創造の政治学
モーターサイクル技術の模倣から再創へ出水力(大阪産業大学)
模倣の創造
王向華(香港大学)
マンガのグローバル化を考える
白石さや(東京大学)
模倣と創造
久保正敏(国立民族学博物館)

III 模倣と創造の近未来
模倣と独創という観点から捉えた産業史
中野潔(国際大学GLOCOM)
情報開示・共有と創造のダイナミズム
牧野二郎(弁護士)
コピーと情報文明
山田奨治(国際日本文化研究センター)

研究会の記録
執筆者紹介

おすすめ

  [詳細]
ラジオの技術・産業の百年史

ラジオの技術・産業の百年史

岡部匡伸 著
定価:5,940円
(本体 5,400円)
市民とつくる図書館

市民とつくる図書館

青柳英治 編著
定価:2,200円
(本体 2,000円)
大宅壮一文庫解体新書

大宅壮一文庫解体新書

阪本博志 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
日本の図書館建築

日本の図書館建築

五十嵐太郎・李明喜 編
定価:3,850円
(本体 3,500円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート