林知己夫著作集2
ブブンカラゼンタイヲ

部分から全体を

サンプリング・調査法
林知己夫著作集編集委員会 編
ISBN 978-4-585-05142-8 Cコード
刊行年月 2004年12月 判型・製本 A5判・上製 312 頁
キーワード

定価:6,600円
(本体 6,000円) ポイント:180pt

 品切 
書籍の詳細

標本調査にともなう問題点を鋭く指摘

【林知己夫著作集】
柔軟な発想と透徹した科学的思考
データ処理の総合システム「データの科学(Data Science)」の提唱
あいまい事象の分析へのあくなき挑戦
多岐ジャンルにわたる1’,’500編超の全著作から550編余を厳選収録!

第一線の科学者、人文科学者、文化人、教育者、政治・行政関係者ほか、一般読書人の必読書。
各種調査機関、社会調査士、専門社会調査士必携書!

 

 

目次
[サンプリング]
・白河市言語調査に於けるサンプリング調査計画
・社会計量における統計数理
・ある“地区ぬき”抽出法による偏りに就て
・誤差と調査
・標本調査の問題
・サンプリング調査
・回答者の嘘
・回答者の嘘を超えて
・知名度と購入率を結ぶ
・パネル調査について
・続 パネル調査について
・調査の妥当性,信頼性
・予測の実際
・パネル誤差の実例
・誤差ある回答の処理
・標本誤差と調査誤差
・社会調査における世界のサンプリング
・社会調査と住民台帳
[調査法]
・信じられる調査と信じられぬ調査
・現在多く行われている調査の欠陥と補正
・どこに目をつけて世論調査をみるべきか
・妥当性
・先ず現象を確かに把握することから
・今一歩進めた調査を
・調査は何を物語るか
・世論調査綱領について
・世論調査・市場調査の科学と倫理
・調査感覚
・データの性格を知ること
・電話調査をいかに使うか
・世論調査・市場調査の今後のために
・測定技術として見た社会調査法
・調査とデシジョンメーキング
・新時代への調査法
・質の調査をどう考えるか
・数に学ぶ
・調査の科学
・いま調査者が心掛けること

おすすめ

  [詳細]
荒れ野の六十年

荒れ野の六十年

與那覇潤 著
定価:3,520円
(本体 3,200円)
ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

ビジュアル資料でたどる 文豪たちの東京

日本近代文学館 編
定価:3,080円
(本体 2,800円)
陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

陸軍中将 樋口季一郎の遺訓

樋口隆一 編著
定価:4,950円
(本体 4,500円)
この本を書いたのは誰だ?

この本を書いたのは誰だ?

村上征勝 著
定価:1,980円
(本体 1,800円)
twitter
サイドエリア 総合目録
ショッピングカート